スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婆ちゃん

またまた、ご無沙汰してしまいました。

仕事や引越し、その他諸々に追われて全く更新できませんでした。

さて、このブログにも登場した事がある婆ちゃんがこの度永眠しました。
享年83歳。

実家に帰り、線香をあげる。
棺に入った婆ちゃんはミクロマンと池乃めだかを足して3で割ったくらい小さくなっていた。
祭壇の周りには葬式特有の色彩を放った豪華な花が飾られている。
花摘みに行くことなんて無かった婆ちゃんにとっては人生で一番花に囲まれた瞬間だったかもしれない。

通夜を終え、親戚で酒宴が始まると婆ちゃんの思い出話が始まった。

母 「こんなに花に囲まれてるけどねぇ、お祖父ちゃんの葬式の時なんか花が邪魔で部屋が狭いって言って蹴っ飛ばして倒しちゃって大変だったのよ。」

いったい何を考えていたんだろう。
祖父ちゃんを弔う気持ちで一杯の花を邪魔だという理由だけで蹴飛ばす。
掟破りの逆サソリだって、まだ掟を守れてる気がする。

叔母「お婆ちゃんかなり偏食だったでしょ。ご飯ちゃんと食べてたの?」

母 「煙草とコーヒーとお菓子だけ。」

叔母「じゃあ、あるある大辞典なんかでやってる体に良い食べ物なんてあてにならないわねぇ。」

ジャンクフードやインスタント食品ばかり食べているとキレやすくなるなんて報告もあるけど、小林亜星や寺内貫太郎的な婆ちゃんはまさにそれだったのではないかと思った。 
カリフラワーのゆで卵和えあたりが大好物だったらもっと温和な人生を送っていたんではなかろか。

ただハードボイルドとは、元来は「固ゆで卵」のことなのでカリフラワーのゆで卵和えでは、やしきたかじんとポットくらいかわりが無かったかもしれない。

そんな婆ちゃんが居たせいもあり、実家に住んでいた頃の僕は友達を自分の家に呼んで遊ぶという事があまり出来なかった。
家のキャアキャアとはしゃぎ回った日には、我が家の活火山は簡単に大噴火を始めてしまうからだ。

当時、中学生だった僕は友達と家の中で大騒ぎをした結果、婆ちゃんはイライラを募らせ祖父ちゃんに八つ当たりをした挙句、離婚騒動にまで発展するという後方宙返りをやってのけてしまった。

婆 「あんたがロクでもないせいで私が苦労するのよ!!」

爺 「俺は関係ねえだろ。」

婆 「バタバタバタバタウルサイのよ!! 」

爺 「普通だろーが。」

婆 「もう、離婚よ!!」

皿や鍋が全盛期の江川よりも真剣に投げられているの音が聞こえてくる。
突然、パラレルワールドに迷い込んでしまった友達はすっかり縮み上がってしまい、

友達 「ねぇ、なんか離婚するって怒ってるけど大丈夫かなぁ。」

と、コラーゲンみたいに震えていたが

僕  「うーん、大丈夫。いつもの事だから。」

と、根拠もなく自信たっぷりに答えていた。



名勝負数え唄は幾度と無く繰り返され、

その結果、

家では騒がない
友達を家に泊めてはいけない
婆ちゃんの住んでいる上の部屋ではバタバタしない

といった家訓まで出来上がってしまう始末。

正直、婆ちゃんにいい思い出はあまりない。

婆ちゃんの笑っていた顔を思い出そうとすると、花札で当時、小、中学生だった僕のお小遣いを手加減する事なく全力で奪い取るジャイアニズムに溢れる顔ばかり。

そんな笑顔を見せることすら、365日のうちに消費税くらいの割合で機嫌が悪い日が多かった。

婆ちゃんが臨終の間際には、母が先立った祖父ちゃんの遺影に向かって

「そろそろ迎えに来てあげたら?」

と、何度か呟いたそうだが、その度に婆ちゃん体調は上向いたらしい。
祖父ちゃんの慌てっぷりを感じた。
幽霊はやはり存在するらしい・・・。


クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。


スポンサーサイト

法事

長らくご無沙汰してました。

さて、近況を書きます。
先日、親戚の法事で埼玉の仏子に行ってきました。

前日、父親と電話で話し、池袋で待ち合わせる事になっていた。
西武池袋線の改札口で、待ち合わせ時間は10時07分。
この中途半端な待ち合わせ時間には父親の独自の理論によるものだった。

さかのぼる事、14時間前。
僕は父親と電話をしていた。

僕 「随分、中途半端な時間だけど10時07分の電車に乗るってこと!?」

父 「アアッ!? そんなわけないだろ。電車を乗り換えるのに俺が10時07分に改札口に着くからだよ。だいたい10時07分の電車に乗りたかったら10時07分に待ち合わせたら間にあわねーだろ。何言ってるんだ!?」

僕 「じゃあ、10時10分に待ち合わせでいいじゃん。」

父 「いいんだよ。10時07分に改札口にいろよ。」

納得はいかなかったものの、面倒だったので10時07分に待ち合わせをする事になった。

そして、当日。
折り紙のような几帳面に時間を指定した父親が改札口に現れたのは10時15分だった。
遅刻した事に1mmも反省する様子も無い父親が発した第一声は、

父 「腹減ってねーのか?」

だった。

僕 「減ってないし、減ってたとしても今から飯食ってたら法事に遅刻するよ。」

父 「でも、今喰っとかないと昼飯までに腹減っちゃうだろ。」

どうやら、自分が何かを喰いたいらしい。
ビール腹に手を当てている。

僕 「いいから、行くよ!!」

父 「何か喰っといたほうがいいと思うんだけどなー。」

もし、父に説明書が付いているとしたら、【炎や火気の近くで使用しない事】と書いてある気がした。

切符を買って改札口を通過すると、さらに三半規管に突き刺さるような独自の理論を全盛期のブライアントのように大振りしてきた。

父 「よし、電車の前のほうに乗るぞ。」

僕 「なんで!?」

父 「そりゃ、前に乗った方が早いからだよ。」

ハリウッドのアクション映画のようなスピード感で電車の前の方へ早歩きをしていく父、58歳。

僕 「いいよ、ここに座ればいいじゃん。」

父 「駄目だ。前に行くぞ。前に乗るんだ。」

久しぶりに会ったというのにものの10分で、疲れる。

15mほど歩くと突然立ち止まる、父。

父 「よし、じゃあココに座るか。」

座った席は、電車の前から3両目。
歩くのが面倒になったらしい。
そこに山は無かったのだからしょうがない。

もし、アインシュタインが僕の父親の複雑な力のベクトルの向き方を見たら、それをヒントにして人類にとって有益な何かを作り上げていたに違いない・・・。

電車に揺られ、仏子に到着。
駅から墓まで歩き、法事が始まる。

坊さんのお経を聞きながら、今回の法事の主役である【故】叔母さんを思い出した。
叔母さんはとてもパワフルな人で、芸能人なんかも顔を出す某料亭の偉い人で、羽振りのいい人だった。

叔母 「この前、たけし軍団が来たのよ。たけしは羽振りが良かったわよー。」

叔母 「草刈正雄が来たのよ。黙って飲んでるだけでもホントいい男よ、あの人。」

叔母 「光GENZIの諸星は調子が良かったわよ。」

などど、多感な少年期を過ごす僕には、好奇心を大いに刺激されたものだった。

気がつくと、坊さんの義務的なお経はいつの間にか終わっていた。

移動して、『精進落し』なる食事会が始まる。
僕の親戚には酒豪が多く、あれよあれよという間に大量の酒が運び込まれる。

ココは、石原組の忘年会かと錯覚するほどの酒。
宴が始まった。

元船乗りで自称世界中の女を虜にしたという叔父さんは、右手に悪魔の取り付いた少年ような手つきでブルブルと震えながらも周りの静止を聞かずに酒を大量に口に運んでいる。

かと思えば、叔父さんの弟は再就職先の草むしりの仕事の愚痴をこぼしている。

弟 「草はなー、むしってもむしっても生えてくるんだよアイツらは・・・。」

焼酎を片手に草むしり談義に全力を注いでいる。
親戚の話に適当に相槌を打っていると、妙齢のマダム達に酒を注げとせっつかれる。

マ 「あなた、TVで見たことがあるわ。」

と、ヘイケボタルのような顔で迫ってくるマダム。
芸能人の誰々に似ているなんて言うのがまどろっこしいのか、一段飛ばしで駆け上がるマダム。
音速の貴公子の再来だった。

マダムの話をよくよく聞いてみると、息子が優香のヘアスタイリストをしているらしい。

マ 「息子をよろしくね。」

と、トンチのようなお願いをされたのでこれからはTVで優香を見たら、今日の髪型は可愛いなーと思うことに決まる。

宴もようやく終了し、父と共に新木場行きの電車に池袋を目指して乗り込む。
酔っ払った父は、新木場行きの電車が新木場にしか着かないと勘違いをして駄々をこね始める。

父 「俺は池袋に行きたいんだ。新木場には行きたくないんだよ、降りるぞ。」

僕 「この電車は終点が新木場なだけで、池袋にも着くから。」

父 「そんなワケねえだろ。さっきから新木場行きって放送してるじゃねえかよ。」

僕 「だからさー、池袋に寄った後で新木場に行くんだってば。」

父 「嘘ついてんじゃねえぞ!?池袋から帰らないとモモちゃんに会えないじゃねえかよ。俺は降りて別の電車に乗る。」

『モモちゃん』

モモ


父が溺愛するピーター家の犬。

隣に座っていた人は『モモちゃん』という単語が出てから僕ら親子の会話を興味深そうに聞き耳を立てている。

その後も人間山脈として壊れたレコードのように『モモちゃん』を連発しながら池袋に行きたいと言い続ける父、58歳。
途中で電車から降りないように、指先が真っ白になるほど力を込めて父の袖を握り締めている内に池袋に到着。

教訓

もともと地上に道はない 魯迅

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。

もう一人の婆

とにかく思い切ってやりたいようにやりなさい。【デイヴ・ペルザー】   



前回、婆ちゃんについて書きましたが、今日も婆ちゃんについてのお話。
ただ、昨日登場した婆ちゃんではなく、もう一人の婆ちゃんの話。
僕の婆ちゃんは二人とも健在で一人は東京で一人暮らしの婆ちゃんA、もう一人の婆ちゃんBは僕の実家に住んでいる。

婆ちゃんAの口癖は、

A 「ピーターは小さい頃から肉が好きだねぇ。」

であり、僕がメロンパンを食べている時でさえこのセリフを放つといった世俗的な束縛から完全に解脱し、周りよりも時間がゆっくりと流れている人である。

それに対して婆ちゃんBの口癖は、

B 「私の先祖は武士だけど、私は煙草とコーヒーさえあれば生きていけるの。」

と、精神的な抵抗力を失ってしまうな一言を放つ『葉隠』に登場してもなんら遜色のない人。

この婆ちゃんBという人物をさらに説明すると、当時小学生だった僕から花札でお小遣いを巻き上げ、巻き上げたばかりの千円札を僕の前に差し出し、

婆 「この千円札で、煙草を買ってきて。」

と、【可愛い孫には個人的な旅をさせろ】
と、よく聞くフレーズを若干歪めるのが得意であったり、晩御飯の品数が少ない事について僕の母親と口論し、その口論に負けると数時間後には家から突然姿を消し、家族総出で婆ちゃんを探し回ったものの見つけることが出来ずにいると、数日後には家から何百キロも離れた自殺の名所で警察に発見されるという奔放さと繊細さを持ち合わせた重力を感じることなく動き回れるモンスターなのである。

そんな婆ちゃんは、やはり浮世離れしたエピソードをいくつも持っているが、毎年夏になると思い出すエピソードがある。

その日はとても暑く、クーラーが無かった僕の部屋はそれこそ角野卓造一家
角野卓造
が、サイゼリヤでディアボラ風ハンバーグステーキの目玉焼きの取り合いをするくらい暑かった。
あまりの暑さに部屋でゴロゴロしていると、婆ちゃんの怒号が聞こえてきた。
何事かと、婆ちゃんの部屋に駆け込んでみたが婆ちゃんの姿は部屋の中には無い。
ただ、怒号だけは聞こえてくる。
声のする方向を見てみると、我が家の塀を乗り越えVシネマの竹内力のような形相で隣の家の壁を力の限り殴っている婆ちゃんが飛び込んできた。

婆 「ウルサーーーーイ!!」

気がつくと窓から裸足で飛び出し婆ちゃんに話しかけていた。

僕 「何してるんだよ!?」

婆 「ただでさえ暑いのにクーラーの音がうるさくて、余計に暑く感じるんだよ!!」

僕 「暑いんだからクーラーを使うのは当たり前だろ。」

婆 「私の部屋には扇風機しかないんだよ!!」

僕 「解ったから。とりあえずコーヒー味のアイスでも買いに行こうよ。」

婆 「そんな事で私は騙されないよ!!」

婆ちゃんの右手は擦り剥いて血が滲んでいる。
どれだけ納得がいかなかったら隣の家の壁をここまで殴れるんだろう。

婆ちゃんの憤りは一向に収まる気配は無く、押し問答を繰り返しているうちにインターホンが鳴った。

恐る恐るドアを開けてみると、家の壁をコレでもか殴られた隣の家の人が険しい表情で立っている。
板前のような角刈りで筋肉隆々。
これから言われる事を想像して昆虫の触覚のように震えていると、


隣 「すいませんでした!!」


と、予想だにしなかったセリフを耳にする。

婆 「暑いからってクーラーなんか使ってるんじゃないよ!!」

調子に乗って罵る婆ちゃん。
気がつくと、隣の家の人は土下座をして謝っている。

隣 「自分がクーラーを使ったばっかりに不快な思いをさせてしまいました!!」


僕 「土下座なんてしないで下さい、暑かったらクーラーを使うのは当たり前ですから。」

よくよく、話を聞いてみると隣の家の人は自衛官だった。
礼儀正しく、逞しい。

隣 「いえ、自分が不快な思いをさせてしまった事に変わりはありません。」

土下座をしたまま話をする隣人。

婆 「二度とクーラーなんか使うんじゃないよ!!」

先祖が武士とは思えないような態度で物言いをする婆ちゃん。

僕 「何言ってんだよ!!暑かったらクーラー使うのは普通だろ!!」

隣 「暑さに負けた自分が弱いんです。」

いつのまにか自分だけ位相がずれている事に気づき眩暈を覚える。
隣人は第一声を発した後、顔は地面から3cmほどの距離を保ったままだ。

首がもげるほど頭を左右に振った後で自分が正しい事を確認し、婆ちゃんを無理矢理部屋に押し込め、隣人には暑かったらクーラーを今後使っても良いことをコンコンと説明し帰ってもらった事を夏の蒸し暑い日になると思い出すんです。


クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。


急に威嚇をしたくなった人はコチラ

故障と祝いと遠吠え

7月28日のMステにレッチリが出るらしい。
こりゃ凄い。


さて、実家に帰りました。

両親やら知人やらが僕の就職を祝うとの事だったので。

ただ、実家に帰る前に事件が起きた。
我がバイクが故障。

スーパーに行った帰り道、ブレーキをかけるとなにやら異音がする。
家に着き、どんな感じなのかを見てみようと思い、駐車場でエンジンをかけたまま後輪ブレーキをかけてみる。

キュキュキュキュッ

なんだ!?
タイヤが動いていないのになんでこんな音がしてるんだろう。

ショックだったので、とりあえずエンジンを切る。
落ち着こうと思い、煙草に火をつける。

煙草を吸っていると、気分が少しだけ落ち着いた。
もう一度原因を確かめるため、バイクのキーを回す。

「あー、何が悪いんだろう。」

心の中で呟きながら、後輪ブレーキを握った。

キュキュキュキュッ

ブオーン

何故か、エンジンがかかった。

スカラベオはセルスイッチをONにしてアクセルをふかすとエンジンがかかる。

ブレーキを握っただけでセルスイッチなんか触ってないし、もちろんアクセルもあけていない。

僕 「なんだこりゃ・・・。」

ワケがわからない。
スカラベオが人工知能を持っていて、面倒臭がりの僕のためにクイックスタート機能を装備してくれたらしい。
ただ、このクイック機能、普通にブレーキを使いたい時にも問答無用でエンジンをかけようと頑張ってくれる。


僕 「いらねぇんだよ、こんなバカ機能ーーーーー!!」


煙草をその場に投げ捨てて部屋に戻った。


その次の日、地元で就職お祝いパーティー。
知り合いのお店で催された。
お座敷の僕の席の前には何故かその店の女将さん。
父親によると、僕を祝いたくて張り切っていたらしい。

女将さんはここ半年で二回、家に泥棒が入ったらしく、

女将 「怖くて家にいられなんだよ。」

との事で今はホテル暮らし。
家は最新鋭のセキュリティをつけるために改築中。
ついでに、エレベーターもつけるとか。
旦那様は、今や飛ぶ鳥を落とすような勢いのグループの社長なのでゴッツイ家が出来そうです。

宴は大いに盛り上がり、全員がヘベレケ。
主役の僕はと言うと、女将さんのお酒を作る係に任命されセッセとお酒を作っていたため、ほぼシラフ。
僕の見合い話が持ち上がったりと、僕以外の人は実に楽しそう。

父  「あー、早く・・・、ケーキ挿入って言いてえなぁ。」

挿入じゃなく入刀では。
オヤジギャグでもなんでもなく、ベロベロになって間違えている。

母  「そうねぇ。」

間違いを指摘するような人間は誰もいない、無法地帯。
パレスチナに旅行に行って西ナイル熱に罹ったほうがよっぽど楽だ。

女将 「私を結婚式に呼びなさいよ。」

父  「そうだぞ、早く挿入しろ。」

母  「そうねぇ。」

神様、このわけのわからない宴会に参加するよりも、宮崎あおいに偶然街中で会った時にかける第一声を家で妄想していたほうが時間を有効利用できたんじゃないかと思うんです、僕。

ようやく宴も終わり、タクシーに乗って家に向かう。


母  「ちょっと何やってんの?」

父  「うあ!?」

父親はタクシーに乗るや否や、ひたすら携帯を弄っている。

父  「モモちゃんに電話するんだよぉ。」

母  「馬鹿なこと言ってないで携帯をしまいなさい。」

父  「モモちゃん今頃寂しがってると思うんだよー。」

モモ
父親の心の拠り所のモモ その瞳は世界一親切な暴力。

父  「モモちゃんは賢いからさー、電話に出れると思うんだよ。」

母  「アンタは犬語が喋れないでしょ!!」

父  「おい、ピーター。モモちゃんはお喋りするのが大好きだよなぁ!?」

このタクシーが事故を起こして、運転手のエアバックだけが膨らんで一家全員が死んだらどれだけ地球に優しいんだろう。
ああ、来世はカブトムシになって自分のツノを反り返らせてカブトムシのメスにアピールしたい。

ようやく、家の近くにタクシーが着く。

父  「ちょっとションベン。」

ワンワンワンワン!!

立ちションをしながら近所の犬に威嚇される父、57歳。

父  「ワオーン

僕  「何やってんの!?」

父  「おう、俺は犬と話が出来るんだよ。ワオーン。」

近所迷惑なうえに、もはや宇宙船地球号に乗る資格すらなくなった父。

息子の新たな就職先が決まって喜んだ結果は、あばれはっちゃくよりもはっちゃけていた。



クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。