スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕はね、ち、ち、地図の勉強してるんだよ。」

「地図が好きなの?」

「うん、大学を出たら国土地理院に入ってさ、ち、ち、地図を作るんだ。」


みなさん、村上春樹の『ノルウェイの森』を読んだことがありますか?


僕は、昔に読んだことがあったんですが、最近もう一度読みたくなったので読み返してみました。
昔は何とも思わなかったのに、これおもしろい。

中でも、緑という女の子にちょっと惹かれました。
いや、結構惹かれました。
恋しそうなぐらい。


前略
これを読んでいるお友達の方々へ

あー、あいつ遂に実在の人間以外に恋したな。

と、思いましたか?

安心してください。

半分だけ本気です。

大丈夫、半分だけだから。

今度会った時に、僕のタイプの女の子が、小説の中の女の子だったり、漫画の中の女の子だったり、アイドルだったり、中島美嘉だったり、「GLAMOROUS SKY」って良いよねと言っていたり、NANAに出たいと言っていたりしても心配なさらないでください。優しく接してください。

                  P.S.中島美嘉って素敵だよね★

話を戻します。

こんな観点で、しかも緑を主点に『ノルウェイの森』を語ると、村上春樹ファンに怒られそうですが、やめません。

緑 「でも私、ポルノ映画って大好きなの。今度一緒に見にいかない?」

ワタナベ「いいよ。君が暇なときに一緒に行こう。」

緑 「本当? すごく楽しみ。SMのやつに行きましょうね。ムチでばしばし打ったり、女の子にみんなの前でおしっこさせたりするやつ。私あの手が大好きなの。」

観、観たい。

この小説を理解する上でも、この時代背景に沿ったポルノ映画を。

ちなみに、【ワタナベ】は主人公。

ちなみに、僕はSM好きではありません。

うーん、この小説の時代背景っていつだろう。

学生運動の真っ最中だし、1970年前後かなー。

一人でポルノ映画を観に行くのはさすがに嫌なので、とりあえず友達に電話する。

僕 「もしもーし。」

友達「はいはい、どうしたの?」

僕 「村上春樹のノルウェイの森って読んだことある?」

友達「うーん、無いねー。」

僕 「あー、そう。」

友達「なんで?」

僕 「あのさー、ポルノ映画って言うかさー、日活ロマンポルノ的な映画観たくない?」

友達「はっ!?」

僕 「いや、あのね、ノルウェイの森を最近読み直したんだけどさー、この小説が面白くてね、この中に出てくる緑って女の子がいるわけよ。」

友達「うー、うん。」

僕 「それでさー、この緑って女の子がね、SMの映画を観たがるわけよ。」

友達「うー、うん。」

僕 「でね、日活ロマンポルノ的な映画のSMものが観たいワケよ。」

友達「んーー、TSUTAYAとかで借りればいいじゃないの?」

僕 「それじゃ、雰囲気が味わえないでしょ!! 映画館の雰囲気とかさ、 どんな人がこういう映画を観てるとかさ、どんな感じで観てるのとか観察しながら観ないと意味ないじゃん!?」

友達「んー、でもさー、そういうのはお小遣い的なこともあるし、奥さんの了解を得ないとねー。」

あっ、コイツ面倒臭いから奥さんをダシに断る気だ。

メラッとくる。

僕 「じゃあ、俺が奥さんの了解を得れば行くのね!?」

友達「うん、いいよ、変わろっか?」

僕 「えっ、いや、ちょっと待って。」

心の準備が出来てない。

この奥さん、元々僕の友達でそれをこの友達に紹介して、最近めでたく結婚。

でも、旦那をポルノ的なところに連れて行く言い分がうまく言えそうに無い。

変態だとか勘違いされたくないし・・・。

ちなみに、この奥様。

性に対してそんなにオープンではありません。

ごくごく、一般的な女性。

僕 「奥さん的にそんな事言われてもナシじゃない!?」

友達「うーん、それはお前次第じゃない?」

うまく説明する自信が無い。

変態と思われないようにしつつ、旦那をSM映画に誘い、奥さんを納得させるだけの口実って何だろう・・・。

思いつかない。

僕 「うーん、とりあえず、保留で。」

友達「わかった。」

ニヤリとしている顔が浮かぶ。

メラッとくる。

とりあえず一時撤退。

電話を切る。

次の日、もう一度ノルウェイの森を読む。


「ねえ、今からいやらしい映画観に行かない?ばりばりのいやらしいSM」

僕と緑は鰻屋に入って鰻を食べ、それから新宿でも有数のうらさびれた映画館に入って、成人映画三本立てを見た。

新聞を買って調べるとそこでしかSMものをやっていなかったからだ。わけのわからない臭いのする映画館だった。

クゥーーーー、やっぱり観たい。

映画館で。

どうしても気持ちを抑えきれない。

今のこの熱い気持ちを、この高ぶる想いをそのまま奥様に伝えれば押し切れる気がする。

奥様「もしもしー。」

僕 「あー、こんばんわ。」

奥様「どうしたの?」

僕 「昨日さー、あいつ(旦那)に電話したじゃん。」

奥様「うん、内容を教えてくれなかったんだよねー。」

僕 「実はさ~、旦那さんをね、その、なんて言うか、エロス的なことに誘ってたんだけどさ~。」

奥様「・・・・・。」

僕 「ノルウェイの森って読んだことある?」

奥様「うん、多分。」

俺 「その小説にいまさらなんだけどハマっててさー、その小説の中に出てくる緑って女の子がいるんだけどさー、その女の子がさー、ポルノ映画が好きなんだー。」

奥様「うん・・・。」

僕 「でね、ポルノ映画をどうしても観たくなったの。」

奥様「うん・・・。」

僕 「でさ、SMモノが観たいんだ。その緑って子がね、SMモノが観たいってねだるの。」

奥様「うん・・・。」

反応が悪い。

僕 「映画館に行って雰囲気を味わいたいんだよね。その当時の白黒の映画をキッタナイ映画館で観たいの。ジュースとかが床にこぼれててさ、椅子にはタバコの焦げた痕とかついてるような感じでさ、周りにはおっさんしかいない感じでさ、あのね、エロイのは観たくないの。ムラムラしたくて観に行くわけじゃないから。ただ純粋に雰囲気を楽しみたいの。小説の中の雰囲気を実際に味わってみたいの。ただ、それがたまたまSM映画だったってだけなの。」

奥様「うーん、いいよ。正直に言ってくれたし。」

言ってみるもんだ。

奥様「言いたいことは伝わったから、なんとなく。ピーターさんを信用するとゆーことで。」

すごい信頼感だ。

そんなに簡単に信用しちゃっていいの?

だってSM映画が観たくて観たくてしょうがなくてどっちかって言うと無理やり旦那さんを誘ってるのに。

まぁ、ムラムラしたいなんて気持ちは1ミリも無くて行くんだけど。

仮にこの旦那さんが、映画館で煩悩に負けてエロイ映画が観たいって気持ちになっても、白黒の昔のSM映画じゃないと観たくない!!

って突っぱねるんだけどさ。

僕 「ありがとう、じゃあ、観に行ってくるよ。でもねー、正直な話、周りに詳しい人がいないからどうやって調べたらいいのかよくわかんないんだよね。」

奥様「あー、そうなんだ。」

僕 「Vシネとかじゃないと思うんだよね、多分。」

奥様「あー、なんか違いそうだよね、イメージ的に。観たこと無いけど。」

僕 「うん、Vシネじゃ無いんだよね、多分。観たこと無いけど。」

奥様「そうかもねー、イメージ的に。観たこと無いけど。」

内容の無い会話が続く。

僕 「たぶんね、日活ロマンポルノとかだと思うんだよね、観たこと無いけど。」

奥様「ああー、そうかもね、観たこと無いけど。」

電話をしながらネットで検索。

どうやら、奥様もネットで調べてくれている模様。

カタカタカタカタカタカタカタカタ

奥様「うーん、に・か・っ・つ・ろ・ま・ん・ぽ・る・の・・・。」

旦那さんの欲求を満たすだけかもしれない映画を調べてくれるなんて、なんて素敵な奥様なんでしょう。

あなたは、この事実に気づいているんでしょうか。

奥様「あー、あった。」

僕 「待ってね、俺もそこ見てみる。」

こんな感じだった。

新婚ホヤホヤの奥様が見るようなページなんでしょうか・・・。

謎です。

映画のタイトルが強烈だ。

僕 「うーん、惜しいけどちょっと違うかな。」

奥様「あー、そうっぽいね。」

さらに検索。
ビンゴ!! こんな感じの白黒の映画が観たかった。

テンションが上がる。

僕 「これこれ、まさにこんな感じ。」

奥様「あー、そうだねー。」

どんな会話ですか?

僕 「よし、じゃあ、こんな感じの映画を上映中の映画館を探してみるよ。」

奥様「うん、わかった。じゃあねー。」

電話を切る。

今週末の大雪のおかげで、まだ観に行ってません。

観に行ったらレポートするかもしれません。

この小説に興味を持ちましたか?

ブックオフで上下巻200円で買えます。

読んでみてください。

買いに行く面倒な方はamazonで買ってみてくださいな。

中古で上下巻で2円です。(送料別途)

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。

スポンサーサイト

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん
ロバート・キヨサキ
  
金持ち父さん貧乏父さん


題名がインチキ臭くて、読むのが躊躇われる本ですが、目から鱗が落ちる思いのした本です。
お金持ちになるためにどうすればよいのかを説く啓発本。
1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、13才のとき学校を中退した億万長者。彼の「貧乏人父さん」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる。一方、「お金持ち父さん」はそれとは全く対照的な人生を謳歌することとなります。
この本を読んで、人生観が少し変わりました。
が、僕の人生のお手本に是非したいと思っていた「金持ち父さん」
実際には、存在しないそうです。
ロバート キヨサキ の策略にまんまとはまった気がしないでもないですが、多大な影響を受けたことだけは間違いないです。
banner_01.gif



インドぢる

インドぢる ねこぢるy   
インドぢる


ねこぢる大好きです。
残念なことに、ねこぢるは亡くなってしまいましたが、ねこぢるy(山野一)ねこぢるワールドを引き継ぎ、ねこぢるyうどん等の作品を描いています。
ねこぢるyうどんは、過去に出てきたキャラクターの総出演となっています。
ちなみに僕は、ころぺた号のファンです。
ねこぢるyうどんを読んだ時は、ねこぢるがもうこの世にはいない事や、作品の内容がなんだか昔と変わってしまった感じがしたことから、とても悲しい気分になりました。
漫画も、すべてオールカラーでMAC編集だったのでアリのようなナシのような。
絵自体は好きなんだけど、ねこぢる作品を期待して買ったので、正直微妙でした。
インドぢるは、文章とマンガで綴った追悼の旅行記です。
単行本未収録作品も50ページ、3作品収録です。
文章を読んでいると、ぢるぢる旅行記のシーンが頭に浮かんできます。
夫、山野一がねこぢるを愛していたことが、伝わってきます。
旅行記は漫画ではありませんが、ねこぢるが好きな人であれば、文章を読んでいるだけで絵が頭に飛び込んできます。
是非、読んで欲しいです。

ねこぢるの公式ホームぺージです。
http://www.babu.com/~nekojiru/
USBやすおとおやぢる日記必見です。

インドぢるとは関係ありませんが、僕の大好きなころぺた号のグッズを血眼になって探していたところ、ころぺたグッズは無いとゆー情報をゲットしてしまいました。
こーいったグッズは、中国で生産するそうなのですが、仏様の顔をした首から下がカマキリのような化け物のころぺたは、仏様崇拝の中国では生産を反対されたのこと。
日本では単価が高くなるので、生産されないんですかね?
青林堂さん、単価が高かろうが僕は買いますよ?
受注生産なんていかがですか?


自殺されちゃった僕

自殺されちゃった僕 吉永嘉明   
自殺されちゃった僕


妻が自殺した。残された僕は……。ねこぢる(漫画家・友人)、青山正明(「危ない薬」著者・同僚)、そして最愛の妻――。身近な者に次々と先立たれた著者が、残された側の視点でその哀しみと怒りをつづる。3人の自殺者を抱えてしまったとき、落ち込まないで生き続けるにはどうしたらいいのか!?「遺された側」から見た自殺の手記。

落ち込んでいるときには、読まないほうがいいとのことでしたが、ものの見事に落ちました。
妻、早紀への呼びかけに胸が痛くなりました。
が、この本自体にはあまり共感を持てませんでした。
第5章「どうして死んじゃいけないの?」に出てくる女の子には、共感できました。
自殺する側も自殺を止める側もどちらもエゴだからだそうです。
僕は、自殺肯定派でも自殺願望があるわけでも無いですが、自殺を止める側の意見というのは、家族、友人を悲しませるから。
自分が悲しいから死なないで欲しいのです。
自殺したい人にとって、悲しいから死なないで欲しいところで、じゃあ、死にたいぐらい辛い自分はどうなるの?ってことでしょう。
極論ですが、天涯孤独で友達が一人もいない人は自殺OKですか?
宗教的な説教をしてくれたほうがよっぽど納得いきます。
自殺する側も、まわりが悲しみを十分理解するべきだとは思います。
人生の最期の我が儘ぐらい許してあげてもとも思います。

読み終わった直後にこうおもいましたが・・・。
一日経ってみて、思ったこと。
やっぱり自殺はよくない。
この本、劇薬です。
自殺アリみたいな気分になりました。
精神的に健康な時に読んでください。

有名な完全自殺マニュアルは自殺したい気持ちを棚上げしたり、踏みとどまったりする「自己啓発派」の読者が大量に発生したそうですが、この本もそうなることを祈ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。