スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/25 プノンペン~帰国(後編)

国立博物館に着くと、問題が発生した。
ハス カンボジア


英語を喋れないドライバーは、国立博物館の周りにいた英語を喋れるトュクトュク仲間を通訳に入れて『頑張った代』を請求してきた。

通訳ド 「俺は、道がわからなくて頑張ってアチコチ道に迷いながらもお前が行きたい場所に行った。その分、ガソリンも使った。って言ってるぞ。」

僕   「それはコイツが悪い。」

通訳ド 「頑張ったって言ってるぞ?可哀そうだろ?金を払ってやってくれ。」

頭にきたので、そのドライバーで空港まで行くつもりだったがその場で金を払って帰ってもらうことにした。

僕   「空港まで行かなくていいからここまでの金を払う。」

通訳ド 「よし、わかった。俺がコイツに話をつけてやる。」

プリプリ怒っているドライバーをたしなめる通訳ドライバー。
様子を見ていると納得したらしい。

お金を受け取り、去っていくドライバーの後姿は通算5オーバーという言葉がピッタリな気がした。

それを眺める僕と通訳ドライバー。
姿が見えなくなると、通訳ドライバーが話しかけてきた。

通訳ド 「アイツは駄目だ。俺ならアイツの半額で空港まで行くけど、どうだ?」

抜け目のなさに笑ってしまい、空港まで送ってもらうことにした。
ドライバー カンボジア
カンボジア版、堀内孝雄。君のひとみは10000ボルトだ。

空港に着き、特にすることが無かったので煙草を吸うために灰皿を探す。

灰皿を発見するものの、バイクタクシーのドライバーがたむろしている。
煙草を吸っていると案の定、話しかけられる。

ド 「煙草を1本くれ。」

と言われ、煙草を差し出す。

ド 「これからどこかに行くのか?」

僕 「帰りの飛行機待ってるところだから、どこにも行かない。」

ド 「お前は、日本人か?」

僕 「そうだよ。」

ド 「俺は、行ったことはないけど日本が好きだ。」

僕 「そうなんだ。」

ド 「よし、じゃあ女の子のいるところに行こう。」

僕 「いや、いいよ。」

ド 「安いぞ?」

僕 「日本に帰る飛行機を待ってるんだってば。」

ド 「そうか、飛行機に乗る時間までどれくらい時間があるんだ?」

僕 「うーん、3時間くらいかな。」

ド 「じゃあ、大丈夫だ。よし行こう。」

僕 「だから、飛行機を待ってるんだってば。金も無いよ。」

ド 「よし、じゃあ違う話をしよう。時間もあるんだし。その前に煙草をもう1本くれ。」

悪びれず素振りもみせずに煙草を要求してくるので、面白くて煙草を渡す。

ド 「俺はなぁ、子供が3人いてな、俺の稼ぎで養ってるんだよ。」

僕 「そうなんだ。カンボジアの子供って可愛いよね。」

ド 「ハハ、ウチの子供は可愛いぞ。見たいか?」

僕 「写真持ってるの?」

ド 「そんなモノない。女の子の所に行くついでにウチに寄ろう。」

ドライバーの家に寄って、台所を借りて子供にパイナップル入りの肉じゃがを食べさせてやろうかと思った。

僕 「女の子の所には行かないって言ってるじゃん。」

ド 「わかった。俺がお前の分の金も出すから女の子の所に行こう。飛行機の時間には間に合うから。」

いくらなんでも嘘が解り易い。
さすがにここまでいくと潔い。
あまりの潔さに笑っていると、プノンペンに着いたばかりの観光客達が歩いてきた。

ド 「じゃあ、俺は仕事があるから。」

誘うだけ誘っておいてそそくさと仕事に戻っていった。
カンボジアのお父さんは逞しい。


飛行機に乗る時間になり、手続きを済ませて飛行機に乗り込む。

僕の席の隣は日本人の老夫婦。
しきりに周りの日本人に話しかけている。
僕にも話しかけたいのか、コチラの様子を伺っている。
疲れていたので、話しかけられないように外の景色を眺めていた。

体の向きを変えようとしたときに、肘が隣のお婆さんに当たってしまった。

僕 「ソーリー。」

大して英語を喋れるわけでもないのに、反射的に英語で謝ってしまった。
お婆さんは顔を少し強張らせ、軽く会釈をした後で隣のお爺さんに話しかけた。

婆 「隣の人日本人じゃなかったわ。」

爺 「ほら、俺の言ったとおりだろ。」

婆 「そうねぇ、私は日本人だと思ったんだけどねぇ。」

爺 「顔は日本人っぽいけど、雰囲気が日本人じゃないだろ。見りゃわかる。」

後に引くことが出来なくなり、日本に着くまで外人のフリをする事にした。
スチュワーデスに飲み物やご飯を頼む時も発音に気をつけた。

ス 「飲み物は何にしますか?」

僕 「Uh・・・ Beer。 Tiger Beer。」

ああ、いったい今僕は何人なんだろう。
疲れる。


成田に着くと、税関で引っかかった。

税 「むこうでマリファナ吸ってませんか?」

僕 「はい、吸ってません。」

税 「申し訳ないんですが、荷物を調べさせて下さい。」

バックパックの中身を入念に調べられ、灰皿の中身までじっくり確認される。
ああ、そういえばホーチミンで乗り換えのときも同じ事をされたのはこういう事だったのか。
無精髭で真っ黒に日焼けし、ボロボロの格好。
何となく、そう見えなくもないか。


兎にも角にも、無事帰国したのでした。

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
スポンサーサイト

4/25 プノンペン~帰国(前編)

朝方、強烈な雨音で目が覚める。
スコール。

それにしてもなんて強烈な雨なんだろう。
さすがにこれだけ降ってると、飛行機は出ないんだろうな・・・。
今日、プノンペン空港から成田に帰るのに雨がやまなかったら、帰れないのかもしれないな。

時計を見るとまだ4時だった。

寝酒が響いて体が重い。
濁った頭で煙草の煙をくゆらせながら、窓の外の景色をボンヤリと眺めていた。
雨はやむ気配がなく、諦めて再びベッドに潜り込んだ。

時計のアラームが鳴り、目が覚めると雨はすっかりやんでいた。
窓を開けて顔を出すと強烈な日差しに顔がチリチリとする。

ああ、今日もやっぱり暑いな。

身支度を済ませ、レセプションでチェックアウトの手続きをする。

手続きをしている間、レセプションの女の子2人がコチラを見ながら楽しそうに笑っている。

女 「あなたは中国人?」

僕 「日本人です。」

女 「今日はこれから何処に行くの?」

僕 「決めてないけど、今日の夕方に日本に帰る飛行機に乗るからその辺をブラブラするかな。」

女 「私、日本語知ってる。コンニチワ。」

僕 「ハハ、コンニチワ。」


ああ、そういえば昨日の夜も似たようなことがあったな。

晩御飯を食べるべく、ホテルの近くにあった安い中華料理屋に入った。
席につき、隣の席の女の子を見ると自分と同じ年ぐらいの物凄くカワイイ女の子が座っている。
パッと見、日本人。

女の子と目が合うと、倒れそうになるぐらい可愛らしい笑顔を返してくる。

これは、日本男児として話しかけなくては。

「一緒に食事しませんか?」

というフレーズが頭の中を駆け巡る。


・・・が、女の子のテーブルを見ると白人の男2人とテーブルに座っている。
なんか、話しかけづらい・・・な。
二の足を踏んでいると、女の子から話しかけてきた。

女 「コンニチワ。」

チャイニーズだった。

僕 「こんにちわ。」

お腹が空いていたこともあり、英語をあまり喋れない僕としては挨拶だけして、メニューに目を通すことにした。
店員さんに注文をし終わり、煙草を吸っていると視線を感じる。
振り向くと女の子と目が合う。

女 「コンバンワ。」

僕 「こんばんわ。」

女 「ゲンキデスカ?」

僕 「元気です。」

日本語を話したいのか、女の子はニコニコしている。
また挨拶だけをして煙草を吸いながら、料理が出来るのを待つ。
視界の端にある女の子の顔がずーっとコチラを向いている。
気になって振り向くたびに挨拶をされるか手を振られる。

女 「オハヨウゴザイマス。」

僕 「おはようございます。」

女 「コンニチワ。」

僕 「こんにちわ。」

料理を待っている時間の中でこんなに手を振られたり挨拶をされた事は、今までの人生の中で間違いなくダントツナンバーワンだな。
 
この子は、一緒に座っている白人の男、二人の友達なのか、それともどっちかの彼女なんだろうか。

白人の男2人を見てみる。

片方は、体重100キロぐらいありそうな巨漢。

強そう。

もう片方は、身長190cmぐらい、筋肉質、スキンヘッドで両腕にはゴツめのタトゥーがこれでこかとしてあり、首にもタトゥー。

もっと強そう。

もう一度女の子を見てみると、最高の笑顔で手を振っていて今にもコチラのテーブルに移ってきそうな気配。

白人の男2人は、なにやら話に熱中していてこの事に全く気づいてない様子。

女の子がコチラのテーブルに移ってきたら、絡まれるんじゃ・・・。


巨漢の方の手を見てみると、まるで昔、眉毛を片方剃り落として山に篭った事がありますとでも言わんばかりにゴツい。
頭を握られたら、『メキャァ』なんて音がして漫画みたいに指が頭にめり込みそうだ。

スキンヘッドの腕や肩は、筋肉隆々で人体解剖の教科書でしか存在を確認できなさそうな筋肉まで見事に浮き上がっている。


絶対に絡まれたくない。
海外でのトラブル情報にも載れない種類のトラブルなんかにあいたくない。

女の子のほうを見ないようにして、食事をすることを心に決める。

ワケの解らない視線を感じつつ食事を済ませた。
なんだか疲れた晩御飯だった。


物思いにふけっていると、チェックアウトの手続きが完了した。
ホテルを出て、近くにいたトュクトュクのドライバーに行きたい場所を伝える。
仕事を休んだので、職場にお土産を買わなければならず雑貨屋に行きたかった。

ただ、このドライバー英語がわからないらしく会話が成り立たたず、オマケに道に迷いまくる。

道を聞くべく、近くにいたトュクトュクのドライバーに道を聞いていたかと思うと、いつの間にか口論になっている。
ドライバー仲間が仲裁に入り口論が終わったかと思うと、仲間のトュクトュクと並走し何とか雑貨屋に辿り着く。

飛行機の時間までまだ大分あったので、国立博物館に行くことにした。
国立博物館 プノンペン

ところが国立博物館に着くと、問題が発生した。


クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。

4/24 キリングフィールド トゥール・スレン博物館

バイクタクシーのドライバーを振り切り、ホテルを探す。
一泊、20ドルのホテルを見つける。
アジア プノンペン ホテル

カンボジアで最後の夜ぐらいはホテルに泊まってみたいと思い、華僑系のホテルに泊まる。
部屋を見せてもらったときに、冷蔵庫がついていたことに猛烈に感動。
エアコンも寒いぐらいに効いている。

即決。

このホテル、20ドルなのにセキュリティーは異常なぐらい厳重。
入り口にはガードマン。
受付にはトランシーバーを持った係員がいる。

シェムリアップで泊まっていたゲストハウスはいったいなんだったのかわからなくなる。

そういえば、シェムリアップのゲストハウスは、トイレが壊れてウ○コが流れなくて困った。
10回ぐらい流しても流れなくて、従業員を呼ぶべきかどうかでかなり迷った。

それに比べて、なんて素敵なホテルなんだろう。
宿泊代が2倍だから比べるのもオカシイ話なんだろうけど。

早速、シャワーを浴びて外に出る準備をする。
が、寒いぐらいのエアコンが効くホテルでもホットシャワーは全然ホットではなく、ぬるま湯だった。
やっぱり温かいお湯は出ないのか・・・。

それにしても部屋が寒い。
エアコンが効きすぎだ。
温度を上げようとリモコンを手に取ると温度設定のボタンが無い。
寒かったらエアコンを切るしかないのか・・・。
寒さに耐えられず、エアコンを切って10分後、部屋が暑い。
なんで、ちょっとだけ涼しいって選択肢が無いんだろう。

憂さ晴らしに、日本が好きで日本語の勉強をしているというボーイに『豆腐は角に一番栄養がある』と吹き込む。

「それは知らなかった」としきりに感心しているボーイを見ているとなんだか良い事をした気分になった。

気持ちを切り替え、キリングフィールドに向かうことにした。

トュクトュクに乗って、キリングフィールドに向かう。
プノンペン トュクトュク


キリング・フィールドはポル・ポト政権時代、プノンペンのトュール・スレン刑務所に収容された人々が処刑され、埋められた場所。
プノンペン南西約12Kmほどの所にある。
プノンペン 景色


呑気に外の景色を撮っていると、徐々に景色が変わってきた。
舗装されていない道路 プノンペン

キリングフィールドに向かう

キリングフィールドに着き、入り口を入るとすぐ目の前に塔があった。
キリングフィールド 

ドクロ
塔の中に入ってみると、おびただしい数のドクロ。
ここで処刑されたカンボジア人のドクロ。
塔の中にあった頭蓋骨の中には、穴は鈍器によって叩かれてあいたもの、焼かれて焦げたもの、そして剣などでさしたのか、鋭い穴があいたものもあった。中には、子供、幼児の遺骨もある。
親への見せしめのために、目の前で子供の頭部を木の幹へ叩きつけ、殺したことも多かったらしい。
お経
お経をあげる僧。
キリングフィールド 穴
慰霊塔の裏側には遺骨が発掘された穴がそのまま残る。この穴一つ一つから何百という犠牲者の遺骨が掘り出されたらしい。所々、地面から犠牲者たちの衣服や遺骨の一部が顔を出していた。


キリングフィールドを後にし、そのままホテルに帰ろうとも思ったが、トゥール・スレン博物館に行きたいとドライバーに伝えた。

ド 「すぐ近くに銃を撃てる所があるんだけど、行かないか?」

僕 「ノー。」

虐殺された人骨を見た後で、さすがに銃を撃ちたいなんて気持ちはあるはずもなかった。


トゥール・スレン博物館

首都プノンペンの市街地にある博物館で、もとは高校だったこの建物。知識人を始め、約2万人が殺された場所。
取調室、収容室、資料展示室がある。
現在は、ポル・ポト派の残虐な行為を後世に伝える博物館として、一般に公開されている。
トゥールスレン博物館

有刺鉄線 
有刺鉄線が目に付く。
首吊り
当時の様子が絵によって解説されている。
プノンペン 絵
ほんの20年ほど前に行われていた虐殺。歴史というには浅すぎる出来事。

敷地内にあったポリスバイクを思わず撮影。
バイク カンボジア
警察のバイクは世界共通でカッコイイ。

校舎は4棟あり、順にA棟、B棟、C棟、D棟と呼ばれている。A棟は取り調べや拷問が行われていた場所。
プノンペン A棟

トュール スレン
A棟は尋問室で剥き出しになった鉄のベットと鉄の鎖だけが置かれている。
このベットに寝かされ、手足は鎖でつながれ、さまざまな拷問が行われた。
床には当時の血痕が、今でも無数に残っている。

トゥール・スレン博物館 B棟
B棟には収容者の顔写真が壁一面に貼られていた。
ポルポト軍は、収容者全員(推定2万人)の顔写真を撮影し、調書を作成し、そして殺したという。
2万人の収容者のうち、生存者はわずか6名。

C棟は独房。
C棟 独房
独房は、一部屋がせいぜい一畳ほどの広さ。
トュール スレン 独房 C棟
ほとんど食事は与えられず、排泄物は壁に空けた小さな穴から外へ流していた。

D棟は残酷な拷問の様子を描いた絵や器具などが展示されている。
プノンペン 拷問

D棟 トュール スレン 

骸骨を並べたカンボジアの地図
骸骨を並べたカンボジアの地図

一通り見終わり、トュクトュクに乗り込むと、ドライバーから話しかけられた。

ド 「どうだった?」

僕 「なんて言ったらいいかわからない。」

ド 「キリングフィールドもトゥール・スレンもカンボジア人にとっては特別な場所なんだ。」

何か言おうと思ったが、言葉に詰まり何も言えなかった。

ド 「どうだ、これから女の子のいるところに行かないか?」

おい、こっちはトュクトュクに揺られながら遠くをボンヤリ見つめて物思いにふけろうかとしてるんだってば。
よし、たった今からお前のあだ名は、『ハレンチ学園流通センター』だ。

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。

4/24 プノンペン

バスから降りると、バイクタクシーのドライバー達に取り囲まれ、あっという間にバックパックを奪われる。
バスから降り、バックパックを背負おうとした瞬間のスキをつかれた。

ド 「ハイ、サー、安いホテル知ってる、行こう。」

すぐさま、バックパックを掴み取り返そうとしたものの、相手の力が強すぎて取り返すことが出来ない。
バックパックの引っ張り合いをしているとそばにいた他のバイクタクシーのドライバーもこの欲望剥き出しな綱引きに加わった。

ド2 「ハーイ、俺のホテルもいいホテルだ。」

ド3 「俺のホテルはエアコン付きだし、冷蔵庫もついてるぞ。」

いつの間にか、僕のバックを4人で引っ張り合っている。

ああ、僕がユリ・ゲラーだったら首に手をかざして一人一人、首をねじ切ってやるのに。

そんな事を考えていたら、急に誰が一番強いのか見てみたくなりバックから手を離して観察をしてみたくなった。

手を離した途端、表情から察するに、クメール語で互いを罵り合っている。
みんなお金を稼ぐのに必死なんだなー、日本では見ることが出来ないパワーだなー、なんて思っているとフィリプスが力づくでバックを取り返してくれた。

一番強いのはフィリップスだった。

急にトイレに行きたくなり、フィリップスと一緒にトイレに行く。
用を足しながら、フィリップスと話をする。

フィ「今日はこれからどうするんだ?」

僕 「決めてないんだよね。」

フィ「俺と一緒にどこかを適当に回るか?」

僕 「うーん、ホテルも決まってないし、何にも考えてない。一人でこの辺をブラブラするよ。」

フィ「そうか。」

フィリップスとどこかに行くのも良かったんだけど、正直なところ、自分の英語力にかなり自信がなかったので会話がもつ気がしなかった。
一人で適当に回るほうが気が楽だった。
【一期一会】という素晴らしい言葉を実践できない自分を歯がゆく感じた。

フィリップスと別れ、どうしようかと考えているとさっきのバイクタクシーのドライバーの一人が声をかけてきた。

ド 「ホテルは泊まらなくてもいいから、市街の中心部の方に行かないか?1000リエルでいいから。仕事がないと困るんだ、飯が食えない。」

1000リエル=30円
バイクで10分ぐらいが30円。
かなりの格安。
即決して、バイクに乗せてもらうことにした。

バイクに乗って1分もしないうちに、さっきまでの低姿勢とはうって変わり、予想通りの営業トークが始まる。

ド 「銃を撃ちたくないか?いいトコを知ってるんだ。」

僕 「いいよ、金ないし。」

ド 「じゃあ、これから夜までお前が行きたいところに行くよ。」

僕 「いいってば。泊まるとこ決めないといけないし。」

ド 「いいホテルを知ってるぞ?」

僕 「さっき、知ってるホテルに泊まんなくていいって言ったじゃん。」

話しかけることに夢中になっていたドライバー。
案の定、事故る。

交差点でバイクにぶつかった。

ド 「オーーーウ!!」

シェムリアップで事故った時よりも遥かに焦った。
蟹江敬三の出演作品の中に、『犯す!』という映画を見つけた時の比じゃなかった。

ド 「大丈夫か?」

口からハートマークの心臓が飛び出るぐらいドキドキしながら、精一杯の見栄を張って親指を立てる。

僕 「大丈夫。」

ド 「まあ、気にするな。」

気にするってば!!
バイクで事故ったんだから!!

とりあえず、セントラルマーケットの前で降ろしてもらう。
セントラルマーケット プノンペン

セントラルマーッケト


僕 「じゃあね。」

ド 「ハーイ、ホテル紹介するぞ。」

僕 「だから、いいって言ってるじゃん。」

ド 「ブンブン、ブンブン。」

僕 「何、言ってんの?わかんないよ、僕、英語ちょっとだけしかわかんないよ。」

ド 「ブンブーン。」

僕 「何それ、クメール語?わかんないよ。」

後で知ったが、ブンブンとは、S○Xのことらしい。

ド 「女は好きか?」

面倒なので適当に答える。

僕 「嫌い。」

ド 「何でだ、お前はホモか?」

メンドクサイ。

僕 「そうだよ、ホモだよ!!」

ドライバーの顔が一瞬引きつる。

ド 「わかった、じゃあな。」

ニヤニヤしながら去っていくドライバー。

うっとおしい営業トークから逃げるにはホモだと言えば簡単に引き下がることを学習。
コレを使わない手は無い。

今度使うときは、ニヤニヤしながら相手の目を見つめて言ってみよう。

ちなみに僕は、女の子が好きです。

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。