スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/21 アンコールワット小回り その1

今日はいよいよアンコールワットを見に行く。

それにしても凶暴な暑さ。

昨日の夜、森田健作に両腕を荒縄で縛られ、顔に延々とマーガリンを塗りたくられる夢を見たので、夜中何度も目が覚めた。
イマイチ疲れが取れていない。

AM8:00出発

日本にいるときに、アンコールワットに行ったことがある友達から、アンコールワットを見るときだけでも日本語ガイドをつけたほうがいいと言われていたので、つけてみることにした。

チャイ
チャイ 23歳

アンコールワットに入るために、まずは3日券を購入。

三日券 アンコールワット

眠くて、ボーっとしているとチャイに話しかけられる。

チャイ 「元気ですか?」

僕   「うん。」

チャイ 「拙者は元気でおじゃる。」

どうやら、余分な日本語を観光客から教わっているらしい。
朝も一番から、メンドクサイ・・・。

チャイ 「拙者、チャイ侍でおじゃる。」

チャイは止まらない。

チャイ 「僕、ドラえもん。」

チャイ 「渡る世間は鬼ばかり。」

チャイ 「人という字は・・・。」

僕   「おお、チャイ、金八知ってんの?」

チャイ 「タケコプター。」

会話が成立しない。
とりあえず目だけは覚めた。

チャイ 「朝ごはん食べましたか?」

僕   「食べてないよ。」

チャイ 「じゃあ、遺跡の近くでご飯を食べてから行きましょう。」

遺跡近くの食堂に入り、ご飯がくるのを待っていると、さっそくカンボジアの洗礼を受ける。

子供がテーブルの横に立った。
手にはビニール袋を持っている。

子供 「ハーイ、オニイサン。これが1ドル。」

十円玉サイズの仏像をテーブルに置く。
物売りの子供だった。

子供 「これが1ドル、これが1ドル、これも1ドル・・・・。」

次々とテーブルの上に置いていき、気がつくと20体ほどの神々。
なんともありがたいテーブルになった。

僕  「いらない。」

子供 「2個1ドル。」

僕  「ノー。」

子供 「4個で2ドル。」

なかなか引き下がらない。
チャイを見ると、我関せずといった感じでサトウキビをクチャクチャ噛んでいる。

おい、チャイ、助けてよ。

違う子供もやってきた。

子供2 「オニイサン、絵はがき1ドル。」

僕   「ノー。」

子供2 「2枚で1ドル。」

僕   「ノー。」

子供3 「オニイサン、これ1ドル。」

手には笛を持っている。
キリが無い。
延々と断っていたら、ようやく諦めて去っていった。

チャイを見るとまだサトウキビをクチャクチャ噛んでいた。

おい、チャイ、お前にカブトムシのメスでも紹介してやろうか?

チャイ 「アンコールワットは午後から行きましょう。午前中は他の遺跡を回りましょう。」

朝ごはんを食べ終わり、移動。
ようやく1つ目の遺跡バイヨンに辿り着いた。

バイヨン 入り口

 
クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。