スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/21 アンコールワット小回り その2

遂に着いた、バイヨン。

バイヨン 門
四面塔は顔の長さだけでも3m

アンコールワットの中で2番目に見てみたかった。
ババイヨン

感動する。

チャイ 「 アンコールワット フォー!! 」


バイヨン フォー

感動する時間さえ与えてくれない得意顔のチャイ。
カンボジア人にしては働き者。
でも、無性に腹が立つ。

プリプリしながら歩いていると、転んだ。

チャイ 「プヘヘッ!!ダイジョーブデスカ?」

バイヨンに使われている石は、その昔、山から象が引っ張ってきたものをイカダで運んだそうだ。
運びやすいように石に穴があけてある。
バイヨン 穴
よそ見をしていると穴に足がはまる

バイヨンに魅せられ、デジカメが加熱して故障するほど写真を撮りまくる。

バイヨン テバター
バイヨンのテバター
バイヨン 第一回廊 1
第一回廊
バイヨン 第一回廊 2

バイヨン 第一回廊 3

チャイから、第一回廊についての説明をうける。
なかなか熱心に教えてくれる。
日本語もうまい。

僕   「チャイ、日本語上手いよね。」

チャイ 「ハイ、ワタシ、一日一時間日本語の勉強をします。だから大丈夫。」

何が大丈夫なのかは理解できないけど、一日一時間は短いんじゃないのかな、チャイ。
高校入試を控えた中学生だって英語を一時間以上勉強してると思うんだけど。

カンボジアの国民性を垣間見た気がした。

そしていよいよ一番見たかった観世音菩薩。

バイヨン 顔
これが見たかった
バイヨン 観音
顔の表情が一つ一つ違う
ホクロから毛
ホクロから毛が生えているおじさんを思い出した。 この草を抜くと御利益が無くなるなんて迷信がありそうだ

チャイ 「写真撮りましょう。」

僕   「いや、いいよ別に。」

チャイ 「早く、あそこに行ってくださーい。」

半ば強制的に写真撮影。
チャイ 撮影


チャイ 「移動して写真を撮りしましょう。」

僕   「えー、いいよ、普通に見て回ろうよ。」

サクサクと先を歩いていくチャイ。
渋々と後をついて行く。

チャイ 「腰を落として、もうちょっと前。そう、そのまま。」

何の説明もなしにポーズを要求される。

鼻キッス 1
撮った写真は鼻キッスだった。 やるな、チャイ。

実は、チャイが納得せずに写真の撮り直しを強要された。
異国の地カンボジアで羞恥プレイを2回経験。
鼻キッス 2
白人観光客に指を指されながらの撮影。 虐げられた。

チャイ 「じゃあ、20分間自由時間にしましょう。僕はここにいます。時間になったらここに来てください。」

フラフラとその辺を歩きながら写真を撮る。
バイニョン


待ち合わせ場所に行くと、チャイが日本人の女の子となにやら楽しそうに話をしている。
チャイと目が合う。

チャイ 「早かったですね。」

おい、チャイ、まさか女の子と喋りたくて自由時間を作ったんじゃないよな。
頭に懐中電灯を2本差し、髪を振り乱しながら包丁を振り回し、

「ディス イズ ヤツハカムラ」

と、言いたくなった。


とりあえずバイヨンを後にし、バプーオンの前で小休憩。
バプーオン

ココナッツジュースを飲む。

チャイ 「私、日本語の歌覚えたいです。」

いつの間にか手には歌詞カードを持っている。
見てみると『涙そうそう』『さくら』だった。
チャイは森山親子が好きらしい。
歌詞にふってあるフリガナがところどころ間違っていたので教えてあげる。

チャイ 「森山直太郎、大好きです。でも、聴いたこと無いです。歌ってください。」

なんで、こんなクソ熱い中、ココナッツジュースを飲みながら『さくら』を歌わないといけないんだろう。
メンドクサイ。

僕   「いいよ、恥ずかしいから歌えないよ。」

チャイ 「大丈夫、恥ずかしくないです。僕、聴きたいです。」

僕   「ダメダメ、歌わないよ。」

チャイ 「アンコールワット フォー」

僕   「よし、休憩終わり。次行くよ、チャイ。」

チャイ 「拙者、ギター侍でおじゃる。」

僕   「行くよ!!」


女池
女池
女池を耕す
女池を耕す人達
男池
男池
ゴキゲン チャイ
涙そうそうを歌いながら歩くゴキゲンなチャイ
その歌声を聴いていると、帽子を取ったらオデコに666と書いてある気がした

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。