スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記は小休止 今日は・・・

父ダイダロスは、息子のイカロスに言う。

「イカロスよ、空の中くらいの高さを飛ぶのだよ。あまり低く飛ぶと霧が翼の邪魔をするし、あまり高く飛ぶと、太陽の熱で溶けてしまうから。」

二人は飛んだ。

農作業中の人々や羊飼いたちが二人の姿を見て、神々が空を飛んでいるのだと思った。

イカロスは調子に乗ってしまった。父の忠告を忘れ、高く飛んでしまった。

太陽に近づくと、羽をとめた蝋が溶けてしまった。イカロスは羽を失い、青海原に落ちて死んでしまった。

以後、その海はイカリア海と名づけられた。


ゴールデンウィーク。
パラグライダーをしに行ってきました。
以前、登場したことのある友達夫婦と。

新婚のご夫婦。
実に仲がよろしい。

つい先日、奥様の誕生日にはご主人が作ったMIXテープを奥様にプレゼント。
僕はジャケットの絵を描いたので、僕のぶんのMIXテープも作ってくれてました。
ジャケット

でもね、一つ言いたい。

僕が描いた絵は・・・
ジャケット逆
こうだったはずなんですけど。
上下が逆。

僕 「上下が逆なんだけど、このジャケット。」

旦那「まあ、いいじゃん。」

奥様「うん、違和感ないよ。」

なるほど、そうですか。
じゃあ、僕も言わせて頂きます。
今、これを書きながら君の作ったMIXテープを逆回転にして聴いてますが、なかなかカッコイイよ。


話をパラグライダーに戻します。
とりあえず、車でパラグライダーをやる山に向かう。
車で向かう
近くにコンビニがないので、飲食物は持参してくださいとのこと。
そうとう山奥に行くらしい。

山道
のどかな山道を登っていくと、パラグライダースクールに着いた。
こまち

事前に、半日体験コースを予約していた。

時間になると、インストラクターの紹介がされた。

が、かなりの強面。
『体育教師』か『体罰教師』なんてあだ名が頭に浮かぶ。

今にも
 
「おい!! 歯を見せるな!!パラグライダーを舐めるんじゃない!!」

なんて怒り出しそうだ。
中学の時の、何故か毎日手に鉄パイプを持っていた教師を思い出した。

こんな怒りっぽそうな人が僕の後ろについて一緒に飛ぶんだー。
なんて事を、この時は呑気に思っていた。

そんな事を思っているうちに説明が始まった。

イン 「えー、本来ならビデオを見て予備知識をつけた後で実技に移るんですが、今日はビデオは見ません。すぐに実技に移ります。」

な、なんで予備知識を省いちゃうんだろう・・・。
大事な事なんじゃないのかな。

そんな気持ちを察してくれるワケも無くフライトエリアに到着。
ノリノリ
この時はまだ気持ちに余裕があった。

とりあえず、フライトに必要な装備をさせられる。
パラグライダー 装備

装備の説明をうけた後で、走らされる。
走る

イン「いいよ!! ピーターさんはセンスがいいね!!」

僕 「はあ、そうなんですかね。」

知識が完全にゼロなので何を褒められているのかさえわからない。 

イン「時計持ってる? 今何時?」

僕 「10時40分です。」

イン「うーん、あんまり時間が無いな。よし!!飛んじゃおう。」

いや、あの、そんな簡単にGOサインを出してもいいんでしょーか・・・。
それなりに出来るようになってから飛びたいんですけど。

イン「よし、じゃあ、B斜面に登ろう。」

言われるがままに、斜面を登る。

イン「よし、じゃあ、君から行こう。」

旦那が指名される。

とりあえず様子を見てみたいし、僕からじゃなくて良かった。
準備



ただ、一つ疑問が・・・。

いつまでたっても後ろについて一緒に飛ぶ準備をしていない。
何でだろう・・・。
隣で準備をしている人に話しかけられる。

隣 「今日、初めて?」

僕 「はい。」

隣 「初めて一人で飛ぶのって怖いよね。」

この時、初めて気がつく。
ああ、一人で飛ぶんだ・・・。
TVとかで見るパラグライダーは二人で飛んでるから、先入観から最初は二人で飛ぶものかと思い込んでいた。

隣 「落ち着いて行けば大丈夫だよ。」

優しい言葉をかけてくれる隣の人。

でも、僕、落ち着けるだけの材料は何も持ち合わせていないんですけど・・・。
今日やったのは、パラグライダーに必要な装備をして、平地を走っただけなんですけど・・・。
不安感だけが爆発的に高まる。

穴を掘って埋めた後で、何度もスコップで土を叩いて固めても這い出してくるぐらい強烈な不安感。
あー、セメント持ってくれば良かった。

そういえば、着地の仕方を習ってないんだけど、どうしたらいいんだろう・・・。
やっぱりビデオを見ておくべきだったんでは。

まあ、でも初心者に一人で飛ばさせるぐらいだから、地面からほんの1、2mぐらいしか浮かないんだろうな。

そんな事を考えているうちに、旦那にインストラクターが声をかける。

イン「よし、走れ。」

後ろで見守っていると、走った後で体が宙に浮いた。

うわぁー、アイツ、飛んでるなー。

予想に反して、ゆうに地面から5mはある。
あの人、平地を何回か走っただけでなんであんなに飛んでるんだろう。

ズザーーーッ。

体を地面にシコタマ擦り付けて着地する。
自分のボキャブラリーを総動員しても慰めることが思いつかないような悲惨な着地。

ああ、僕もああなるんだろうな・・・。
そう思っていると、

隣 「アレはブレーキをかけるのが遅かったね。もっと早めにブレーキをかけないとダメだよ。」

と、アドバイスをされる。
何のことだかサッパリわからない。
いよいよフライト
問答無用でフライトの準備をさせられる。

イン「よし、走れ!!」

言われるがままに、走る。
走っていると体が宙に浮く。

うわぁ、高い。
下には茶畑。
このまま下に落ちたらどうなっちゃうんだろう・・・。
痛いんだろうな。
ところで、このまま飛んでても着地できそうな場所なんて何処にも無いんだけど・・・。

イン「右!!右に曲がれー!!」

インストラクターの声が耳に入る。
なんとか右に曲がって着地。

ほんの10秒ぐらいのフライト。
楽しいけど、怖い。

空を見上げると上級者が飛んでいる。
上級者
上級者はえらいこと高く飛んでいる。 

あの人達は、命綱もついてない状態であんな高いところにいるわけか。
カラスにでも突かれたら日には地面にまっ逆さまだ。
危ないなー。

生まれ変わっても、自分がパラシュート部隊に入れないことはとりあえずわかった。


実際飛んでみると、楽しいんだけど体調が万全の時にやるべきだということがわかった。
実は、風邪を引いていてパーカッションのようなドスの利いた咳が止まらない。
ちょっと走るだけでと、ゼエゼエして呼吸困難になる。


フライトする瞬間を写真に収めたかったので、カメラをかまえる。

僕 「写真撮るからバッチリ飛んでよ。」

旦那「わかった!!」

フライト準備
フライト前
フライト後
フライト後 一機死んだ。

木に引っかかる。
ここ一番に異常なくらい弱い旦那。
しょっぱいな。

奥様の方が、よっぽど綺麗に飛んでいた。

旦那曰く、パラグライダーはあんまり面白くなかったとのこと。

奥様、あなたの愛しい旦那様の老後の趣味は般若心境の写経のような気がします。

最後にインストラクターと記念撮影。
記念撮影


イン「よし、俺がみんなを撮ってやるよ。」

後ろ向き
何故か後ろ向きな記念写真

3本ほどのフライトだったけど、パラグライダーは楽しかった。


とりあえず、パラグライダー場を後にし、川越の菓子屋横丁に向かう。
車から
レトロな雰囲気が漂う
菓子屋

人力車
人力車もいる
混みすぎ
ただ、人が多すぎ。MPが無くなるまでニフラムと呟いても誰も消えなかった。
紫芋ソフトクリーム
日本一長いふ菓子(95cm)を買って、紫芋ソフトクリームを食べる。 味は普通。

人疲れして帰宅。

こんなGWでした。


次回からは、またカンボジア旅行記に戻ります。

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
スポンサーサイト

コメント一覧

#700
インストラクターの人、かなり手抜きしてるっぽいですね(笑)
習うより慣れろとは言うけど・・・予備知識ゼロでいきなりはムゴイ。
それでも飛べたって事はやはりピーターさんセンスあったんでしょうね。

意外と飛んでる時は「夢想花」とか口ずさむ余裕あったりして(笑)
#701 いいなぁ~~
私もやってみたいわぁ!飛んでみたーい★
でも、あんまり練習無しに1人はやばいね、、w
こつさえ掴めばってことなんかね???
でも、いいなぁ~♪
#702 キーさんへ
稀に見るスパルタでした。
コツはパニくりすぎない事です。
パニくってインストラクターの指示が聞こえなくなると怪我をします。
#703 NATSUさんへ
パラグライダーは何気にオススメ。
飛べると面白い。
朝から知らない人に
「おはようございまーす。」
なんて声をかけられるイベントも自動的に発生します。
#704
パラグライダーいいねー。
もう何年もやってみたいと思ってた。
K組でやってみたいね。
次はスカイダイビング??
#708 きのくんへ
次は、ハングライダーかキャニオニング。
http://www.sotoasobi.net/activity/activity.php?acv=12
ご要望があれば企画します。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。