スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/24 プノンペンに移動(後編)

船に乗り込み、することもないのでデジカメをいじっていると隣に座っていた気の良さそうなおじさんに「一緒に写真を撮ろう」と話しかけられる。
フィリップス
フィリップス かなり陽気。
水上家屋 トンレサップ湖
水上家屋もちらほら 水の上に浮いている。


30分ほど船に乗っていると、船が急に止まった。
どうやら船を乗り換えるらしい。
乾季なので湖の水の量が少ないので、最初は小さいボートで行き、途中でスピードの出せる大きな船に乗り換えなければならない。
ただ、ここで気になることが。

船のボディーに【シェムリアップ→バッタンバン】と書いてある。
しかも、話に聞いていたよりもはるかに船が小さい。
100人乗りの船のはずが、せいぜい20人乗れるかどうか。

僕が行きたいのは、バッタンバンではなくプノンペン。
呆然としているとみんな船を乗り移ってしまった。
焦って船員に話しかける。

僕 「あの船はバッタンバンに行くの?僕はプノンペンに行きたいんだけど。」

船員「・・・・・。」

英語があまりわからないっぽい。
しょうがないので、船を指さし

僕 「プノンペン?」

船員「・・・イエス。」

本当か!?
適当に返事してないよね!?

そういえば、バスに乗っているときになんでドライバーは僕のチケットだけ確認したんだろう。

そういえば、なんで一人だけチケットの色が違うんだろう。

船に乗るとき、子供が連れてってくれた場所に確認もしないでついていっただけだな。

でもこんな湖の真ん中でやっぱり引き返してくれっていってもしょうがない。
しかもプノンペン行きの船は一日一便しか出ていない。

しょうがない、もし、この船がバッタンバンに行くにしても船を乗り換えないことには始まらない。

ところでバッタンバンってどこにあるんだろう。
近ければ今日中に、バッタンバンからプノンペンに行けるかもしれない。
船を乗り換え椅子に座り、急いで地球の歩き方を見てみる。

プノンペン:シェムリアップから南に5、6時間。

バッタンバン:シェムリアップから西に5時間。

さらに調べてみる。

飛行機:全線運休中。

飛行機では行けないな。


列車:毎週1便 所要時間12時間 6:40発

もう、乗れないな、バッタンバンに着くの昼過ぎだし。


ピックアップトラック:6:00~14:00 所要時間5時間

着いてすぐ乗る場所がわかれば乗れるけど、多分これも乗れなそうだな。


タクシー:強盗事件が頻繁しておりお勧めできない。(地球の歩き方より)

乗りたくない。


ってことは、今日はバッタンバンに泊まらないといけないのか。
明日、日本に帰る飛行機に乗らないといけないのに、いったいどうなっちゃうんだろう。

とりあえず、バッタンバンがどんなところか調べるか。

数年前までポル・ポト派の活動地域だったが、ほぼ壊滅状態になったので、一般旅行者も旅行ができるようになった。

なんでこんな所に行かなくちゃ行けないんだろう・・・。
結果がわかるのは5時間後か。
長いな。

そうだ、フィリップスに聞いてみよう。

僕 「この船ってプノンペンに行くんだよね?」

フィ「イエース。」

下條アトムのナレーションで「大丈夫だった~。」と頭の中で聞こえた気がした。

ダレダレの船内
プノンペンまで6時間の長丁場に疲れ気味。

椅子に座ってウトウトしていると、外に出て写真を撮り合おうとフィリップスに誘われる。
船の外

スピード 船
結構なスピードが出ている。
フィリップス 写真
写真を撮ることに夢中になっているフィリップス。この後、湖にゴミをバンバン捨てまくる。 
笑顔
優しいのは笑顔だけで、地球には優しくない。
フィリップスの二の腕にストローを突き刺して、『買い物に行くときは買い物袋を持参で』という気持ちを血液がブクブクあわ立つまで吹き込みたくなった。

船の中に戻り、運転席を見てみると運転手がいない。
船が無人で走っている。
もちろん、無人で走れるような船ではない。
呆然として運転席を眺めていると、自分が座っていた椅子の隣にあったトイレのドアが開いた。
トイレから出てきた人を見てみると運転手。
トイレに行きたいときは、無人走行になるらしい。

もう一人、船員がいたのに運転を変わるワケでもなく、トイレに行ったらしい。
運転席に戻ると、もう一人の船員に怒られている。
そりゃそうだ。

家 カンボジア
湖畔には粗末な家も建っている。

ちょっとした長旅にさすがにすることがなくなったのか、気がつくと船の屋根の上は人だらけになっていた。
カンボジア 船
屋根の上でボーっとしていると気持ちいい。

トンレサップ 店
店らしき建物もあるが、船がよる気配はない。
トンレサップ 家屋


ようやく、プノンペンに着きバスに乗って市内を目指す。

バスの運転手は、船を運転していた人がそのまま兼任していた。
しばらく走っていると、急にバスが止まった。

運転手が外に出て何かをしている。
バスが故障したのかと思い、運転手を眺めていると道端のおばさんから果物を買っている。

どれだけ自由なんだろう。
もう一人のサブの運転手と何かを話している。

何事もなかったように、運転手は運転を再開。

しばらくすると、またバスが止まった。

今度はサブの運転手が外に出て行く。
今度こそ車が故障したのかと思って様子を眺めていると、果物を買っている。

またもや、何事もなかったようにバスに乗り込む。

さすがに笑った。
日本だったらクビだな。

しばらくするとまたバスが止まる。

今度は何かと思い、外を見ていると女の人に果物を渡している。
どうやら奥さんらしい。
果物は奥さんに買ったものだったらしい。

当然、何事もなかったようにバスは走り出した。

5分後、また止まる。

今度はサブの運転手が、女の人に果物を渡している。

明らかにプライベートと仕事がゴチャゴチャになっている。
こんな事が許されるカンボジアが羨ましくなった。

そうこうしているうちに、バスがプノンペン市街に着いた。


クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
スポンサーサイト

コメント一覧

#724
私は「バッタンバン」行きましたよ。
予備知識なしで語感で決めました。
行ったのは覚えているけど、なーんも覚えてません。
#725
バッタンバンなんて、なんだか効果音みたいな地名ですね。
しかし、このカンボジア旅行記は面白い。家で見ていて笑っちゃいますよ。私は中国とドイツとオーストリアとスペインに行ったことあるんだけど、こういうひっちゃかめっちゃかな旅行はしたことがないなぁ。
今度はカンボジアに行ってみようかな。。。
#726
久しぶりにハラハラ、ドキドキ☆しながら読みました。

こんな刺激がたのしいから個人旅行はやめられないよねー☆
#727 BIG-Tさんへ
語感で決めましたか。
覚えてないってことは何にも無い場所だったんですかね。
#728 ゴティコさんへ
カンボジア良かったですよ。
僕も中国行ってみたいです。
#729 さとけいさんへ
個人旅行良いですよね。
全部自分で決められて。
ハマりそうです。
いや、またどこかに一人で行きます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。