スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常

朝、目が覚めて時計を見ると時計の短針がいつもより一つ多い数字を指している。

飛び起きて病院に向かう。

目が覚めてから30分後、今日はじめて会う人のお尻の穴に管を突こっむ。
日本一せっかちでドSな女王様よりもせかっちな気分になる。
いったい何なんだろう、この生活は。

目が覚めてから30分で

「はじめまして。」

の挨拶も無いうちに見ず知らずの人のお尻の穴に管を突っ込む。
僕が、その見ず知らずの人に初めてかける言葉と言えば、

僕 「ウンチは出ましたか? 水みたいな便が出ていますか?」

なワケです。

患 「うーん、あんまり出てないです。」

僕 「では、浣腸をしましょう。」

こんな会話が、AM8:30には日常的に繰り返される。


午後、検査着の洗濯をするため洗濯室に向かう。

洗濯室で昭和一ケタ生まれの市松人形似の看護婦さんから話しかけられる。

看 「YOUの眼鏡高いでしょ。」

何故か、ジャニー喜多川口調。

僕 「まあ、それなりです。」

看 「眼鏡は高いものをかけなきゃ駄目よ。」

僕 「はあ・・・。」

看 「私の眼鏡は12万円なの。」

会話が続く気がしなかったので、洗濯モードを【ガンコ汚れ】にセットして看護婦さんに背を向け、洗濯室を立ち去る。

看 「私の眼鏡はねぇ・・・」

今、後ろを振り返るのは、夜に口笛を吹くのと同じくらい危険な気がした。


仕事が終わり家に帰る。

便意を感じ、トイレで用を足す。

トイレットペーパーを引っ張ると、何かがポロリと床に落ちた。

僕 「フォウフェアーーーーッ!!」

今までの人生の中で聴いた事が無いジャンルの悲鳴。

ゴキブリだった。

便座から飛び跳ねて、立ち上がる。
尻をむき出しでゴキブリと向かい合う。
もちろん、拭いてない。

この状態、ゴキブリと対峙するにはいくらなんでもあまりに無防備すぎる。
せめてパンツを上げてから戦いたい。
が、諸事情で実現できず。

しかたなく殺虫剤を手に取り、下半身丸出しでゴキブリに向けて噴射。

事無きを得る。


今日、分かった事。

悲鳴から察するに、僕の前世は中国人です。

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
スポンサーサイト

コメント一覧

#780
夜中だけどめっさおもろいので大笑い。
前世、中国人だったんだネw。 
#781
しばらく更新がなかったのは「敗戦」の痛手でしょうか。
当時は、私も試験期間でしたが同じように「惨敗」しました。
私はこれから残留をかけて敗者復活戦に挑みます。
#782 ゆみさんへ
楽しんでいただいて何よりです。
前世が中国人なハズの僕は、八角を体が受けつけないので前世では肉料理は食べていなかったんだと思います。
中華料理って八角入れすぎ。
#783 matchboxさんへ
今、就職試験の真っ最中で更新が滞ってます。
今週、大学病院の試験を受けるので一般常識にヒーヒー言ってます。
僕は今、敗者復活戦の真っ最中です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。