スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一人の婆

とにかく思い切ってやりたいようにやりなさい。【デイヴ・ペルザー】   



前回、婆ちゃんについて書きましたが、今日も婆ちゃんについてのお話。
ただ、昨日登場した婆ちゃんではなく、もう一人の婆ちゃんの話。
僕の婆ちゃんは二人とも健在で一人は東京で一人暮らしの婆ちゃんA、もう一人の婆ちゃんBは僕の実家に住んでいる。

婆ちゃんAの口癖は、

A 「ピーターは小さい頃から肉が好きだねぇ。」

であり、僕がメロンパンを食べている時でさえこのセリフを放つといった世俗的な束縛から完全に解脱し、周りよりも時間がゆっくりと流れている人である。

それに対して婆ちゃんBの口癖は、

B 「私の先祖は武士だけど、私は煙草とコーヒーさえあれば生きていけるの。」

と、精神的な抵抗力を失ってしまうな一言を放つ『葉隠』に登場してもなんら遜色のない人。

この婆ちゃんBという人物をさらに説明すると、当時小学生だった僕から花札でお小遣いを巻き上げ、巻き上げたばかりの千円札を僕の前に差し出し、

婆 「この千円札で、煙草を買ってきて。」

と、【可愛い孫には個人的な旅をさせろ】
と、よく聞くフレーズを若干歪めるのが得意であったり、晩御飯の品数が少ない事について僕の母親と口論し、その口論に負けると数時間後には家から突然姿を消し、家族総出で婆ちゃんを探し回ったものの見つけることが出来ずにいると、数日後には家から何百キロも離れた自殺の名所で警察に発見されるという奔放さと繊細さを持ち合わせた重力を感じることなく動き回れるモンスターなのである。

そんな婆ちゃんは、やはり浮世離れしたエピソードをいくつも持っているが、毎年夏になると思い出すエピソードがある。

その日はとても暑く、クーラーが無かった僕の部屋はそれこそ角野卓造一家
角野卓造
が、サイゼリヤでディアボラ風ハンバーグステーキの目玉焼きの取り合いをするくらい暑かった。
あまりの暑さに部屋でゴロゴロしていると、婆ちゃんの怒号が聞こえてきた。
何事かと、婆ちゃんの部屋に駆け込んでみたが婆ちゃんの姿は部屋の中には無い。
ただ、怒号だけは聞こえてくる。
声のする方向を見てみると、我が家の塀を乗り越えVシネマの竹内力のような形相で隣の家の壁を力の限り殴っている婆ちゃんが飛び込んできた。

婆 「ウルサーーーーイ!!」

気がつくと窓から裸足で飛び出し婆ちゃんに話しかけていた。

僕 「何してるんだよ!?」

婆 「ただでさえ暑いのにクーラーの音がうるさくて、余計に暑く感じるんだよ!!」

僕 「暑いんだからクーラーを使うのは当たり前だろ。」

婆 「私の部屋には扇風機しかないんだよ!!」

僕 「解ったから。とりあえずコーヒー味のアイスでも買いに行こうよ。」

婆 「そんな事で私は騙されないよ!!」

婆ちゃんの右手は擦り剥いて血が滲んでいる。
どれだけ納得がいかなかったら隣の家の壁をここまで殴れるんだろう。

婆ちゃんの憤りは一向に収まる気配は無く、押し問答を繰り返しているうちにインターホンが鳴った。

恐る恐るドアを開けてみると、家の壁をコレでもか殴られた隣の家の人が険しい表情で立っている。
板前のような角刈りで筋肉隆々。
これから言われる事を想像して昆虫の触覚のように震えていると、


隣 「すいませんでした!!」


と、予想だにしなかったセリフを耳にする。

婆 「暑いからってクーラーなんか使ってるんじゃないよ!!」

調子に乗って罵る婆ちゃん。
気がつくと、隣の家の人は土下座をして謝っている。

隣 「自分がクーラーを使ったばっかりに不快な思いをさせてしまいました!!」


僕 「土下座なんてしないで下さい、暑かったらクーラーを使うのは当たり前ですから。」

よくよく、話を聞いてみると隣の家の人は自衛官だった。
礼儀正しく、逞しい。

隣 「いえ、自分が不快な思いをさせてしまった事に変わりはありません。」

土下座をしたまま話をする隣人。

婆 「二度とクーラーなんか使うんじゃないよ!!」

先祖が武士とは思えないような態度で物言いをする婆ちゃん。

僕 「何言ってんだよ!!暑かったらクーラー使うのは普通だろ!!」

隣 「暑さに負けた自分が弱いんです。」

いつのまにか自分だけ位相がずれている事に気づき眩暈を覚える。
隣人は第一声を発した後、顔は地面から3cmほどの距離を保ったままだ。

首がもげるほど頭を左右に振った後で自分が正しい事を確認し、婆ちゃんを無理矢理部屋に押し込め、隣人には暑かったらクーラーを今後使っても良いことをコンコンと説明し帰ってもらった事を夏の蒸し暑い日になると思い出すんです。


クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。


急に威嚇をしたくなった人はコチラ
スポンサーサイト

コメント一覧

#822
ぶひゃひゃひゃひゃ>m< 昨日今日と笑わせてもらったよん。
笑ったら汗かいた^^;シャワー浴びてこよっと。。。^m^
豪傑ばあちゃんに乾杯♪
#823 横爺さんへ
豪傑なんです。
僕の婆ちゃん。
どうしようもないエピソードはまだまだ一杯あります。
#825 はじめましてm(_ _)m
おじゃまします。
物凄く笑わせてもらいました。
で、よくよく過去ログを読むと同業者さんですね。
ちょくちょく遊びに来まーす
#826
ピーターさんのお父さんだけでなく、お婆ちゃんまでもが強烈なキャラクターだったとはね。うらやましい…やっぱり海外留学と同じくらい、ピーターさんのお家で生活するのは価値があるような気がいたします(笑)

このブログ大好きでござる。笑えるから!!
#828 まてぃさんへ
ご同業者さんですか、よろしくお願いします。
また遊びに来て下さい。
#829 ゴティコさんへ
強烈な一家です、我が家は。
まぁ、ギリギリ笑える範囲なんですかね。
でも、一緒に生活するもんじゃないです。
#839
はじめまして。
どんだけアグレッシブな婆ちゃんなんすか!
素敵です。
お隣の自衛隊の方も、素敵です!
また、遊びにきます。
#841 もち子さんへ
迷惑なくらいアグレッシブなんです。

また、遊びに来てください。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。