スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/2 バガン その1

この日はヤンゴンからバガンに飛行機で移動するために4:30起床。
フライト予定時間は6:30。

ミャンマーは飛行機のフライト時間が頻繁に変わる。
フライト時間が遅れる。
ただ、遅れるだけならいいようなもののフライト時間が早くなるなんていう全く持って理解しがたい事が起きたりする事もある。

うっかりフライト時間が早くなっていて乗り損ねるなんていう香ばしい事に遭遇しないためにも空港に早めに着いていないとならない。

ミャンマーの国内航空は全部で4社ある。
エア・バガン、エア・マンダレー、ヤンゴン航空、ミャンマー航空。
ミャンマー航空は元国営だが、フライトキャンセルや事故が多く、チケット代が他の航空会社よりも安いが、さすがに怖いので利用せず、エアバガンのチケットを前日に買っていた。

空港に着くとフライト時間が6:30から6:15に変更になっていた。
エアバガン ミャンマー
プロペラ機なエアバガン。

一時間ちょっとのフライトでバガンに着く。
11世紀から13世紀にかけて都として栄えたバガンには何千ものパゴダと寺院があったといわれるが、現在残っているのは2300ほど。
とても広大な平野の上に遺跡が散らばっている。

ミャンマーでは、外国人旅行者はその地域入るごとに10ドルの入域料というものを払わなければならない。

朝早くのフライトだったため、半分寝ぼけながら空港で入域料を払うカウンターを探す。
それらしきカウンターを見つけ、空港の職員に話しかけようとすると

「あそこから出ていい。」

と、出口を指差される。
おかしいなと思いながらも、ひょっとすると出口の近くにお金を払うところがあるのかもしれないと思い直し、言われるがままに出口から出ると、案の定何も無い。
眠かったので、

「まあいいか、後で払えば・・・。」

なんて思いながら空港にいたタクシーに乗り込む。
入域料のレシートを紛失した際には、もう一度入域料を払わなければいけないことを知っていたので、「まあどこでも払えるんだろう。」くらいにかなり軽く考えていた。

今日から泊まる予定のインワゲストハウスに向かう。
タクシーから景色を眺めていると托鉢をしている僧侶を見かける。
托鉢 バガン

インワゲストハウスに着き、3日間泊まりたい事を伝えるとゲストハウスの従業員に入域料のレシートを見せてくれと言われる。

僕 「払ってないです。」

従 「エッ!?」

僕 「空港の職員にお金を払ってないのに出ていいってって言われちゃって・・・。」

従 「なんで!? そんなはずは無い。 コレだ、このレシートだ。持ってるだろ!?」

目の前に入域料のレシートを出される。

僕 「いや、だから、払う場所が解らなくて空港では払わなかったんですよ。」

従業員の顔を見るとかなり焦っている。
どうやら空港で入域料を払わなかった事はかなりマズイらしい。
とりあえず、従業員に10ドルを渡し入域料を払う。

インワゲストハウス
1泊8ドル エアコン ホットシャワー 朝食つきの部屋

インワ ゲストハウス 景色
ベランダからの景色

バガン 通り


荷物を部屋に置き、とりあえず馬車に乗ってバガンを回ってみる事にした。
馬車 バガン


ミャンマー 馬車

ただこの馬車、かなり問題があった。


クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
スポンサーサイト

コメント一覧

#911
’ただこの馬車、かなり問題があった。 ’
昔のアニメみたいにいいところで終わると
銀紙を噛んだように気持ち悪い・・・
早く続きを!
#912
入域料はらわなかったらやっぱまずかったの???
うちも続き早く読みたい!!!
#913
入域料なんてあるんだ。
ほんと、知らないことばかりで面白いっす。
#914
コメントを頂いてからこちらからコメントを返すのが遅くなってしまい申し訳ないです(つω-`*)

いいなあ、海外旅行・・・。僕もいつか行ってみたいです。
それにしても続きが気になります。

あとリンクもらっていきます( ゚∀゚)
#915 OJさんへ
馬車の問題は、その2に書ききれませんでした。
その3にも馬車の問題点を書きます。
#916 ゆみさんへ
よくよく考えてみると、入域料を払わない外国人を泊めるのはゲストハウス側としては迷惑かもしれないです。
#917 Marcyさんへ
入域料。
ミャンマーでの旅行中、他にも入域料で悩まされる事件がありました。
面倒な制度です。
#918 ちゃんよう。さんへ
リンクありがとうございます。
海外一人旅いいですよ。
オススメです。
もっと若いうちから世界各国を回っておけば良かったと最近後悔してます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。