スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/3 バガン滞在2日目 その2

自転車で走り出すとすぐにスコールが降ってきた。
スコールをやり過ごすため、近くにあった喫茶店らしき店に入る。

店の主人とその奥さん、客は僕一人。
ノドは乾いていなかったが、何も注文しないで居座るのもどうかと思い、とりあえずロゴがペプシにそっくりなスターコーラを注文する。

店 「冷えてないけど・・・。」

僕 「別に構わないです。」
スターコーラ

味は、ペプシを少し古くしたような補欠合格といった言葉がピッタリな感じだ。

日本の煙草が吸ってみたいという店の主人に煙草を渡し、二人で煙草を吸いながらスコールが止むのを待つ。
ここであることに気づいた。

お世辞にも流行っているとは言えないこの店、さっき飲んだスターコーラはペプシを古くしたような味なのではなく、単純に古かっただけなのでは・・・。
「冷えてないけど・・・。」そう言って手にしたスターコーラの瓶は随分と埃をかぶっていた事だし。
下痢するかもな・・・。

そんな事を考えていた心とは裏腹に、外は綺麗に晴れ上がった。
再び、自転車に乗りタビィニュ寺院に着くとトイレに行きたくなった。
物売りの女の子をつかまえて、トイレの場所を聞く。

僕 「トイレはどこ?」

女 「・・・・・。」

Restroomでは通じず、Toiletと言い換えても反応が変わらない。
本を取り出し、急いでトイレがビルマ語でなんという単語なのかを調べる。

僕 「エインダー、エインダー(トイレ)。」

女の子は本を覗き込むと、ようやく理解したらしくトイレの場所を教えてくれた。
スターコーラには当たらずにすんでいた。

トイレから出ると、女の子のセールストークが始まる。

女 「ポストカード、1ドル。」

僕 「いらない、ゴメンね。」

そんなやり取りをしていると物売りの男の子が近づいてきた。

男 「日本人?」

僕 「そうだよ。」

男 「そこに、日本人のお墓があるから案内するよ。」

男の子のあとに着いていくと、日本人戦没者の慰霊碑があった。
お墓の前で手を合わせていると、

男 「お線香あげる?」

と、男の子が聞いてきた。
少しすると、火のついた線香を5本くらい持ってきた。
線香をあげ、再び手を合わせる。

僕 「お線香代はいくら?」

男の子に聞くと、困った顔をしている。

男の子にしてみれば、お墓に案内したついでに何かを買って欲しかったのだろう。
ただ、絵はがきは正直言って全く欲しくなかった。
そうかといってお線香代も払わず拝むのもどうかと思った。

男の子は、女の子と一生懸命相談している。
値段をいくらにしていいものか、わからない様子だ。
恐る恐る手を出し、

男 「300チャット。」

と、言ってきた。
顔を見ると不安でいっぱいといった感じだ。
その顔は、いつまでたっても乗ることが出来ないリニアモーターカーよりもよっぽど親近感が持つことが出来た。
財布からお金を取り出し、300チャットを渡すと女の子と顔を見合わせながらうろたえている。
300チャットはペットボトルの水1リットルと同じ値段なので、線香5本
の値段としては、少し高いのだろう。
ただ、大人だったら「1000チャット。」とあっさり言ってきたであろう事を考えると微笑ましかった。

タビィニュを見て回っている間も子供たちはついて回ってきた。
タナカ 女の子 ミャンマー

女 「ポストカード、1ドル。」

僕 「いらないってば。」

女 「じゃあ、キャンディーが欲しい。」

昨日、子供たちにあげてしまったので持っていない。
何か喜びそうなものはないかと思い、鞄の中を探ってみると袋に入ったポカリスウェットの粉があった。

僕 「キャンディーは無いんだけど、これならあるよ。」

ポカリスウェットの粉を渡す。

女 「コレは、お菓子?」

僕 「お菓子じゃなくて、ジュースの粉。」

袋に書いてある説明を読む。

僕 「1リットルの水にこの粉を全部入れる。それで粉を水によく混ぜると、ジュースになるよ。」

女の子を見ると、嬉しそうに笑っている。
 
男 「僕も欲しい。」

僕 「ゴメンね、一個しか持ってないんだ。二人で仲良く分けて。」

そう言って女の子を見ると『絶対にあげない!!』という顔をしている。

僕 「仲良く分けないとダメだよ!!」

そう言い残し、自転車でフラフラと他の所を見て回ることにした。

門 バガン
仮に仕事に疲れて
ナッフラウン
心の中には
名の無いパヤー
風速100ノットの風が吹き荒れていたとしても
バガン ミャンマー パヤー
この景色を眺めていると
手付かずのパヤー
忘れられる気がしてくる。
手抜き 補修
ただ、いい加減な補修で現実に戻る瞬間もある。

自転車に乗っていると、猛スピードで横付けをしてきた男の子がいた。

男 「日本人?」

僕 「そうだよ。」

男 「絵はがき買わない?」

僕 「いらない。」

男 「じゃあ、仏像は?」

僕 「いらない。」

男の子は買う気が無いことがわかるとクルリと方向を変えていなくなっていってしまった。
何かを買わせたい割には、それをなんとか売ろうとするしつこさは無い。
オリゴ糖入りの昆虫ゼリーを食べているカブトムシのほうがよっぽどあつかましい気がしてくる。

自転車を漕ぐ事に疲れ、ゲストハウスに戻り見たことの無いお菓子を食べ、疲れを癒す。
ガッセンミルク ミャンマー お菓子

シャワーを浴びようと思い、洗面所に行くと歯磨き粉にたかっているのを発見する。
優等生なサスペンススリラーのような悲鳴をあげた後で、蟻を一匹残らず排水溝に流す。
歯磨き粉に美味しい要素は一つも無いはずなのに。

ちょうど、お腹も空いて来たので自転車を漕いで、美味しいと評判なミャンマー料理屋を目指す。
自転車を漕ぐ。

パーーーン!!

何故か爆竹のような花火を子供に投げつけられ転びそうになる。
花火を投げてきた子供の親を見ると、叱るわけでもなく、はしゃいでいる子供をいとおしく眺めている始末。
周りを見回しても何事も無かった事になっている。
どうやら、ミャンマーでは道路に向かって花火をしても問題ないらしい。

気を取り直して、ミャンマー料理屋を目指す。
しばらくすると、目指していた店に着く。
チャーハンを注文し、煙草を吸いながら料理が出てくるのを待っていると、突然目の前パァーっと明るくなる。
驚いて、明かりのほうを見ると店の中で子供がねずみ花火を始めている。
子供は取り返しがつかないくらい喜んでいるし、店員兼、親は弘法大使のような表情でその様子を見守っている。
ねずみ花火が終わると、次の花火に火が着く。

花火の煙がモクモクとする中で、チャーハンを食べることになった。
ミャンマー チャーハン

今まで、100m走1本の選手だったにも関わらず、突然

「お前はチームスポーツのほうが向いている。」

と、言われたような気分で食事を済ませた。

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。


スポンサーサイト

コメント一覧

#964
 花火はそんなに自由なものなのか。ロケット花火なんかミヤンマーの子どもに渡したら危なそう。
#965 天然素材でデキテイマスにご訪問有難うございます
私のサイトへ訪問有難うございます。
ブログ拝見しに参りました。
100円ショップの材料でネイルをチャレンジしたり、
ビーズのレシピサイトなども紹介、ニャンコの写真や
美味しそうな食品や、ちょっとした節約術など
また、アップして行きたいと思いますので、よろしかったらまたご訪問くださいね♪

http://tennnensozai.web.fc2.com/天然素材でデキテイマスFC2ホームページ
http://tennnennsozai.blog57.fc2.com/天然素材でデキテイマスFC2ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/tennnennsozai/の天然素材でデキテイマス楽天ブログ
#966 パガンの慰霊碑
私の大切なメル共に、こちらのブログをご案内しましたら、次のようなメールをいただきましたので転送します。 尚、同氏はビルマでの戦争を経験され、戦後、何度も慰霊の旅を重ねられています。

「ミヤンマー・パガン旅行記懐かしく拝見しました。
7 回の巡拝旅行には必ず訪れたパガンでした。 此処を訪れるときにはインパール作戦でコヒマを攻略に携わった宇都宮編成の弓 33 師団の慰霊碑が、パガンのタビニュ寺院に建っています。
寺院にはパガンを訪れる弓兵団以外の部隊も必ず訪れて行きます。 寺院でも連日清掃に努めて篤く保護してくれているようです。
個人の旅行の場合は気がつかないか、或いは馬車の御者も知らないのではと思います。
この寺の境内には弓兵団合同鎮魂碑、弓歩兵第 213 連隊、同 214 連隊等計 4 基の慰霊碑が建っていてコヒマ撤退後此の地区を警備していた弓兵団の生き残り、遺族の方たちが平成 4 年に建てたとされています。」
#967
イカーン、忘れてた。
ミャンマーてば「山本五十六」大将が戦死した場所ですね。
行って欲しかったなぁ。
#968
ついに銃撃!?
花火ですか。

かつての激戦地で、ピーターさんが仏様に限りなく近付いたかと思ったのですが。


#969 kevinさんへ
ロケット花火なんてとんでもないです。
危なくて出歩けません。
#970 すねおのままさんへ
そうですか。
また来てください。
#971 Rickyさんへ
ミャンマーで日本人の年配の方々の団体をよく見ました。
慰霊に来られている方もいらしたようです。
#972 BIG-Tさんへ
お墓はココしか行きませんでした。
ヤンゴンにも慰霊碑があったんですけど立ち寄りませんでした。
#973 matchboxさんへ
口から魂が抜けそうにはなりました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。