スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み終了(旅行準備編)

早々と夏休みを使ってしまいました。

行ってきましたよ、マダガスカル。
今年こそは旅行記を書ききります。
去年行ったメキシコも途中で旅行記が終わってしまいました。
というのも、去年は夏休みが終わって以降、月100時間の残業に体が蝕まれ歩いていても気がつくと寝てしまい、転びそうになってようやく

「やばい、寝てた」

なんて生活に突入してしまったため旅行記を書き切れずにいました。
でも最近は残業時間も半分くらいなので何とかなりそうです。

マダガスカルに行くにあたって調べていて思うことがありました。
ツアーで行ってる人はネットを調べていているんだけど、バックパッカーのような旅行をしている人の旅行記はあんまり見付けられないし、バックパッカーの旅行記を見つけたところで世界一周をしていたりだとかアフリカ縦断をしていたりだとかで自分の旅行期間に見合った情報を調べきれない。

日本に帰ったらこれからマダガスカルに旅行に行こうと思う人に少しでも情報提供できればいいなと思って書こうと思いました。

さて、本題に戻ります。
今回、海外旅行に行くにあたって候補がいくつかありました。

第一候補がマリ。

マリ 国旗
マリ 場所


ニジェール川を船で下って世界遺産のトンブクトゥまで行く川下り。


トンブクトゥ

マリ共和国に流れるニジェール川沿いに位置する「トンブクトゥ」は、1988年、ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されていますが、砂漠化の自然の脅威にさらされているため、1990年には「危機遺産リスト」にも登録されています。

材質の深刻な悪化や構造およびあるいは装飾的特質の深刻な悪化などなどが危機遺産リストに登録されます。
登録されたからといって無くなってしまうわけではないんですが、前々から行かなくてはと思っていた場所ではありました。

実は僕は旅行で船に乗るのが大好きです。
ネットで調べていてほいみさんの旅行記を読んでとても惹かれたし憧れた。
こんな旅行が理想だった。

そして前々から知ってはいたのだがマリについては困ったことがちょこっとだけあった。

地球の歩き方のマリ版が出版されていない。
ロンリープラネットを買えばいいんだけど正直なところ日本で下調べをする段階で英語のガイドブックを読むのが面倒臭くてしょうがない。


第二候補はエチオピア。

国旗 エチオピア

LocationEthiopia.png

エチオピアを選んだ理由はエチオピアの旅行記の写真を見ていてとにかく子供の笑顔がどの人の旅行記を見ても良かったから。
ただそれだけの理由だった。
はっきり言って生きたい場所はどこも無かった。
それに加えてアフリカを旅行した人の感想の中で良くも悪くもアフリカの中で一番印象に残ったのはエチオピアだったという意見が多かった事も興味を引かれた。

この二つの候補が僕の中で鬩ぎあっていた。
何故アフリカなのかと言うと、本当の意味で僕はアフリカに行った事がなかった。
2年前にチュニジアに行ったが、そこはブラックアフリカではなかった。

さて、ブラックアフリカとは何なのか。


「ブラックアフリカ」は下の図のように主にサハラ砂漠以南の黒人がメインに居住する国々を指します。

ブラックアフリカ



黒人が多い地域です。アフリカの地図を見ていただければ判りますが、北部のエジプト、リビア、アルジェリア、モロッコ、チュニジアはアラブ人がメインの国です(実際には、黒人も住んでいないわけではありませんが)。その他の民族にはベルベル人などが挙げられます。
アラブ人の一般的にわかりやすい人は皆さんご存知のウサーマ・ビン・ラーディンなどが挙げられます。

ラディン アラブ人


ベルベル人で一般的に知られている人ではサッカー選手のジダンです。

ジダン ベルベル人

写真からも解るようにチュニジアはイメージとしてあるアフリカのイメージでは無いのです。
もっと見た目にもアフリカを感じられる所に行きたいと常々思っていました。


こんな言葉があります。

【一度アフリカの水を飲んだ者は再びアフリカに帰る】

そう僕はもう一度アフリカに行きたいと思っていたのです。
でもこの言葉が指すアフリカは多分ブラックアフリカでチュニジアでもミネラルウォーターしか飲まなかった僕が感じる言葉では無いのは承知の上でアフリカへの思いは募っていました。

しかし、よくよく調べてみると1週間から10日くらいの旅行ではマリに行くのは日程としてどうやら現実的ではないと解りました。
エチオピアはというと写真で見る子供たちの笑顔が良かったということだけで行きたい場所はこれといって無い。
どうしたものかと考えた結果、やれることから考えてとりあえず黄熱病の注射を受けに行きました。

アフリカなどの黄熱病が流行地域や流行可能地域では入国に際して公的機関発行による国際予防接種証明書(イエローカード)を求められ、これを提示しないと以下の国には入国できない。

ガーナ
ベナン
ブルキナファソ
カメルーン
中央アフリカ
コンゴ共和国
コートジボワール
チャド
リベリア
マリ
モーリタニア
ニジェール
ルワンダ
トーゴ
サントメ・プリンシペ
コンゴ民主共和国(旧ザイール)
ガボン

そして、イエローカードが必要なくても黄熱病常時国としては以下のような国が挙げられる。

タンザニア
ブルンジ
ルワンダ
ケニア
ウガンダ
ソマリア
エチオピア
コンゴ共和0国
ガボン
ザンビア
赤道ギニア
中央アフリカ
チャド
ニジェール
ベナン
トーゴ
コートジボワール
マリ
セネガル
ギニアビサウ
シェラレオネ
スーダン
ガンビア
ギニア
ブルキナファソ
ガーナ
ナイジェリア
カメルーン
サントメ・プリンシペ
アンゴラ
コンゴ民主共和国(旧ザイール)
リベリア


とりあえず旅行先は決まっていなくてもアフリカに行くことは決まっているんだから予防接種だけはしとこうって事です。
黄熱病の予防接種は検閲所や病院などで受けることができます。
費用は1万円くらい。
そして注射をすると下の写真のような証明書を貰えます。


イエローカード 黄熱病

有効期間は接種後10日目から10年間。
これで突然旅行先をアフリカのどこかの国に決めても、

「あー、イエローカード持ってないから行けないや。今からじゃ間に合うか解んないし・・・。」

なんて事が無くなるのです。

ただ問題もあります。
黄熱病予防接種の副作用に、接種後5-10日頃、頭痛、筋肉痛、微熱が25%以下の人に出るというデータなどもあります。

僕が注射をした病院では、10%の確立で副作用が出るとのことでした。

結構高くない!?

その確立・・・。

そして、注射を受ける際に書いた問診表には渡航先の記入欄がありました。
正直言って決まってないんだけど、とりあえずマリに1週間の旅行と書いておきました。

そして、注射をする際に医師とこんな会話を交わしました。


医「普段から旅行はされるんですか?」

僕「まあ、年に一回くらいですけど・・・。」

医「バックパッカーなんですか?」

僕「うーん、まあそんなところなんですかねぇ。」

医「じゃあ、宿とかも特に決めていかないで旅行するような感じですね。」

僕「まぁ、そうですねぇ。」

医「何故、マリなんですか?」

僕「ええと、ただまぁ、アフリカっぽいところといった感じの場所に行きたいなぁと思いまして・・・。」

医「そうですか。えー、ではですね、旅行から帰ってきた際に熱が出た場合にはまずマラリアだと思って受診をしてください。あの辺りは衛生面も非常に悪いですしマラリアに罹りやすいですからね。それと注射の副作用が出た場合も受診してください。普通の薬と比べると副作用が出やすいので。」

えーと、スタート地点にも立たないうちにゴールテープだけはしっかりと握り締めて待ってもらっているこの感じは何だろう。
しかもそのゴールは思っている以上になんて悪趣味に派手なんだ。


とりあえず注射をして家に帰宅。
だが、実は心配なことが一つあった。

僕は、寝不足続きで体がダルいのに注射を受けてしまっていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。