スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行

またもや、ご無沙汰でした。
職場も変わり半年以上経ちましたが、ようやく慣れてきました。

わかりやすく言うと、鶏肉は食べやすい大きさに、たまねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにし、トマトはあらみじんに切る。
鍋を強火にかけサラダ油を熱し、にんにくの香ばしい香りが出るまでよく炒め、パプリカ・ターメリック・カイエン・塩を加えて炒める生活を送っていました。

さて、冗談はチキンカレーだけにしておいて。

未完のミャンマー旅行記を完成させようかとも思いましたが、悪魔の汗みたいに濃い日々を送っているうちにブログから遠ざかっていました。
その間、水木しげるタッチの絵が描けるようなるために【のんのんばあとオレ】を熟読して鼻息の荒い自画像を描いてみたり、葛飾北斎の画集を眺めてみたり、猛烈に文学的な小説が書いてみたくなり資料を集めたり、リンカーンの出身はイリノイ州だったなぁと思い返してみたりしていました。
競争馬なら薬殺されているところでしょう。

そんなこんなの毎日を送っているうちに、職場では夏休み取りなさいとの事になりました。
ちょうど良かった。
こんな、ロシア民謡『一週間』のような生活を送っているわけにはいかない。

そこで、タイとラオスに行く事にした。
メインはラオス。
理由は、ラオスには何にも無さそうだから。
先制点のホームを踏みたいから。

メコン川を眺めながら、煙草を吸ったりビールを飲みたい。
思いっきり日の光を浴びたい。
干しいたけのビタミンD含有量は、生のものの10倍あるそうだが、もし自分が日の光を目一杯浴びた日には、一家の団欒である夕食で黒光りしたふくらはぎを割り箸で食べ盛りの子供に突かれる気がするから。

さて、なんの話をしていたのかわからなくなってきましたが僕は回送電車の話をしていたような気がします。
違いますか、そうですか。

ラオスにはバンコクから寝台列車で10~12時間くらいのって国境を陸路越えする予定。
長距離バスだとシンドそうだし、寝台列車で横になって移動したいし。
旅行は9/1から9/9までの9日。
そろそろインターネットでバンコク発の鉄道のチケットを取っておかなければならない。

前もって調べてあったサイトで鉄道チケットを予約しようとすると、

申し訳ございませんが、9月10日まで列車乗車券の予約業務をお休みとさせていただいております。

の文字が目に飛び込んできた。

プレイボーーーール

試合の始まりを告げる声は南アフリカの夜明けくらい遠そうな気がした。

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。

忙しいです。

最近、新しい職場に移り仕事が殺人的に忙しくて更新が出来ていません。

今までのツケも回ってきて勉強勉強の毎日です。
B級パニック映画のような悲鳴をあげそうになりながら、ソフィア・コッポラ辺りにメガホンを握らせ、この日々の生活を映画にしてもらったら、どれだけの映画が出来るんだろうと考える暇すらない毎日です。

とにかく、睡眠時間が足りない。
気がつくと、立ったまま寝てしまい婆ちゃんと川で凧をあげる夢を見てしまうような日々です。

もう少し落ち着いたら、徐々に更新していきます。

今日、気づいた

前々から溜まっていたウップンがある。

ブログを読んだ友達からよく言われる言葉。

友 「あれ、絶対ウソでしょ、あんな人いないよ。」

僕 「いや、嘘じゃないよ、本当だってば。」

友 「まあ、いいよ。でもさー、おかしな事に巻き込まれたりとか、変な人に会う確立が高すぎるよね。」

僕は、基本的に嘘は書いていない。

僕の友達が言うには、僕が事件に遭ったりおかしな人に遭遇する確立がコナン君が事件に出く遭わすくらい、もしくはコージー冨田がタモリのモノマネで、「うまいっちゃぁうまいよ。」と言うくらい高いらしい。

この事に対しての反論を今まで散々してきた。

たまたま遭遇したその日の出来事を書けばそんな感じに見えるだけだという事を、トイレの脱衣所のドアの下に1cmくらいの隙間のあるのは臭いや水蒸気を効率良く除去するためのものだなんて話を散りばめらせながら、コンコンと説明してきた。


自分の日常は普通だと思っていた。
ただ、今日一日を振り返ったみるとそうでは無いかも知れない事をさすがに感じざるを得なかった。

僕のバイク【スカラベオ】
スカラベオと自分 
に乗って銀行に行くと、オバチャンに話しかけられる。

オ 「まあ、大きいバイクねぇ。」

僕のバイクにはサイドケースを付けているので、普通のバイクに比べると横幅が大きい。
スカラベオ 後

オ 「こんなバイクに乗っているんだから、あなたは鎧兜を着てバイクに乗りなさい。こんな大きなバイクで事故に遭ったら、あなたは凄い怪我をするわよ。」

一方的に喋ってくる激流なオバサンの右手の中指は、僕の眉間から4cmほどの距離で僕を指差していた。

人を指差すときは、中指ではなく人差し指で差すものではないのかと思う余裕すら無いほど反り返っている。
力を込めすぎたせいか、無理に中指で差したせいか、オバサンの中指はプルプルと小犬のように震えている。

オ 「コレくらいのバイクに乗る時は、鎧兜を着ていれば安全なのよ。」

と、自分の経験に裏打ちされたような口調でバイクに乗る時の服装を提案してくれたオバサンの髪の毛は、三宅裕司が精一杯言ったギャグくらいの中途半端なパーマの巻き具合だった。 

僕 「そうですねぇ。」

と、適当に相槌を打つ。

オ 「バイクの事故ってねぇ・・・。」

これ以上話に付き合うと、家の洗面台の鏡が割れそうな気がしたのでその場を立ち去る。


銀行でお金を下ろした後でガソリンスタンドに向かうとスタンドの店員から話しかけられる。

店 「おお、兄ちゃんかっこいいバイクだな。」

僕 「そうすか!?」

店 「こりゃ、荷物が一杯入りそうなバイクだなぁ。」

僕 「そうですね、結構入りますね。」

店 「兄ちゃん、俺は世間のお荷物なんだけど俺はこの中に入れるかな。」

店員さんの両肩が急に空気抵抗を全く受けないほどのなで肩に見えるほどガックリと肩を落としている。
ガソリンを入れに来ただけなのに、突然イクラちゃんに「バブー」と言われたくらいかける言葉が見つからない。

僕 「折りたためれば入れるんですけどねぇ。」

と、草食動物のような答えを返す。

店 「そうかー、俺は心だけは折れた事が無いんだよなー。」

「ハーイー」と言わすことは出来なかった。


ガソリンスタンドを後にし、スーパーに向かうと宝くじ売り場のオバサンに声をかけられる。

宝 「ちょっと、ちょっと、お兄さん、今、スクラッチがお薦めなのよ。チャンスなのよ。」

僕は宝くじ、特にロト6が好きだ。
オバサンの言われるがままにスクラッチを1枚購入。

僕 「アアー、ハズレちゃいました。」

宝 「人生そんなに甘くは無いのよ。」

『身も蓋も無い』とはこういう時に使う言葉だという事を学ぶ。

家に帰ると親から電話がかかってきた。

親 「オウ、お前ミャンマーに行くんだろ? だったらミャンマーのキーホルダーを買って来い。」

と、なんともプリティーなリクエストを一方的に言われる。

そんな僕は、明日からミャンマーに行ってきます。


クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。

つんくの偉大さを知りたくなった人はコチラへ。

サマソニ参戦

8/13(日)行ってきました、SUMMER SONIC 06。

今回、見たかったのはELLEGARDENとAFIとTOOL。
あと、SIDE-SHOW。

SIDE-SHOWはお笑い芸人がライブをするというお笑い好きの僕としては見逃せない。

会場でタイムテーブルを見てみると、SIDE-SHOWに殿方充の名前が。
コ、コレは見たいバンドを後回しにしてでも見ないわけにはいかない。
ただ、去年出演した佐伯誠之助さんの出演が無かったのが非常に残念で、中島みゆきの『ファイト!』が耳の中でこだましていた。

一緒にサマソニに行った友達から、就職祝いに大好きなキャラメルチョコレートを貰う。

暑さに負けてネロネロになったキャラメルチョコレートを見ていると、劉備が曹操に追われてある家に匿われた時に、その家の主人が劉備に献上する食料がなく妻を殺害し、その妻の肉を劉備に献上しそれに感動した劉備はその後その家の主人を高官にした事を思い出したものの意味のないことに気づく。


水曜どうでしょうのミスター大絶賛のELLEGARDENを充分に堪能した後、メッセのSIDE-SHOWに移動。

ポイズンガールズバンド、古賀シュウ、殿方充を見終わった辺りでサマソニに来ていたことを思い出す。

とりあえず、音楽を聴かないと来てる意味が無い事に気づき、Andrew W.K.を観に行く。
が、あまりの音の悪さに2曲で聴くのをやめる。

ビーチステージにSkaflamesを観に行く事にした。

移動の途中で、イカツい警備員を目にする。
手には拡声器を持っていて、筋肉隆々で坊主頭で両腕にタトューが施されている。

この警備員イカツいなー、と思っていながらも違和感を感じる。

警 「ホラ、来いよー。」

拡声器を使いながら喋っている警備員の先には、スタッフTシャツを着た男の子を威嚇している。
どうやらこのイカツい人は警備員ではなく、拡声器を奪い取って絡んでいるだけらしい。

スタッフの男の子を見ると、背中に一本通った男ほどの虐められっ子顔をしている。
遠くから様子を眺めていると、スタッフの子の顔がみるみると赤くなっていく。
その顔はストーリー性がありすぎて、助ける事を忘れてしまうほどだった。
竹中半兵衛が

「どうせ死ぬなら陣中がいい。」

と言っていたことを思い出した。

Skaflamesを観た後で、メッセに移動。


メッセをフラフラしていると日本人男性なら悲鳴を上げてしまうようなものを発見する。

さて、ここからは



女人禁制
女子禁制。



蒼井そら


大変だ、大変だ、大変だ、大変だ。

サマソニに来ていなかった友達に電話で報告する。

僕 「事件が起きた・・・。」

友 「何、何、どうしたの!?」

僕 「今、サマソニに来てるんだけどさ・・・。」

友 「あー、そうなんだ。それで?」

僕 「今年はカラオケ大会があるみたいなんだよね。」

友 「それで?」

僕 「審査員が蒼井そらなんだよね。」

友 「マジで!?」

僕 「コレはやっぱり見るべきだよね!?」

友 「何言ってんの!? 当たり前でしょ!!」

僕 「でも、チョコッとだけ見てみたいバンドとカブりそうなんだよね。」

友 「そんなバンド見る必要ないでしょ。」

僕 「そうかなぁ・・・。」

友 「また、来日した時に見ればいいじゃん。そんなことよりツーショット写真撮ってきてよ。」

僕 「了解。」

ガチャッ。

忠告に関わらず読んでしまった世間一般の女子の皆さん、実際のところ世間一般の男子はこんなもんです。

そんなわけで、ライブそっちのけで蒼井そらを見に行ってしまいました。

結局、蒼井そらとのツーショット写真など撮れる訳も無く、AFIのライブを見に行く。

AFIのライブを見終わり、トイレで用を足しているとまたしても事件が起きた。

用を足しながら隣を見てみるとソラミミストの安斎肇が。
あまりの出来事にビックリしていると、

「あー、空耳アワーの人だー!!」

と、用を足している安斎さんを指さしている若者が。
有名人って大変なんだということを目の当たりにする。

まるで内気と傲慢の繰り返し運転しているような表情で用を足している安齋さんを見ていると、イスラム教徒に改宗して断食したい気分になった。

TOOLを満喫して家路に着いた一日だった。

クリック募金
↑クリックするだけで、
無料で募金ができます。

banner_01.gif
↑参加中のブログランキング。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。