スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BECK

BECK   



人生ベスト3に入るぐらいハマりました。
こんなバンドが実際に存在するなら絶対にLIVEに逝きます。
コユキの才能に本気で嫉妬します。
もし、自分が音楽で飯を喰っていこうと思っていたときに、対バンでこんな人がいたら絶対あきらめちゃうだろうなぁ、なんて妄想をよくします。
音楽的にはzebraheadに近いものを感じますが、スケールでいったらビートルズぐらいの歴史に名を残すバンドですな。
だって、歌を聴いた瞬間にダッシュで聴きにいくなんて今までのLIVE人生の中でそうそうなかったし。
ハロルド氏が音楽が大好きなのが、漫画の中での描写を見ていてひしひしと伝わってきます。

この漫画を読んで、スティングレイが欲しくなりました。

あ、ちなみに僕BECKのTシャツ3枚ほど持ってます。
http://www.becktee.com/
でBECKのTシャツ買えます。
今後の生産が無くなりそうです。
お買い求めはお早めに。

この漫画を読んだ後に、音聞こえねぇじゃん。
なんていわないように!!
漫画ですから。

フリージア6巻

フリージア6
フリージア 6巻

戦時下の日本で生まれた「敵討ち法」に基づき、敵討ち執行代理人となった叶ヒロシ。危険を察知する能力を身に付けた青年が、いま犯罪被害者に代わって“復讐”を果たす!!
ってな感じなストーリーなのですが、かなり面白い。
敵討ち執行代理人が、国家資格ってとこが国民クイズ好きにはそそられます。

主人公の叶は心の病気でとにかく、支離滅裂。
見えない人とお話が出来ます。
現実と妄想の区別がつきません。
絶対に友達になれません。
脇役もかなり強烈なキャラばかりでイカしてます。

早く続きが読みたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。